若山祥夫.com | ラジオ日本の「食の情報最前線」でお馴染の若山祥夫博士のブログです。 | Page 5

若返りには国境も人種も関係が無い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141103投稿より≫

ここ最近、海外での展開の話が多くある。
偶然なのか、必然なのかは解らないが・・・。
(株)ウィル・サーチの企業理念、「食を通じて快適な生活に貢献する」から
すれば、この理念に国境や人種は関係無い。
だから、多くの人に伝われば伝わるほど、流通が起きていくことは必然であろう。
特に、ウィルサーチの断トツの売れ筋商品である、
マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」には全く国境や人種は
関係が無いのである。
これからも、自信を持って、世間にアピールしていくつもりだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141103投稿より≫
 
携帯電話やスマートフォン・・・当たり前のように
僕の生活の一部となっている。
かなりのヘビーユーザーだから携帯電話料金が高い。
正確に言えば高かった・・・。
でも最近始まった、かけ放題プランに変更した途端、
通話代が三分の一に・・・。
ちょっと嬉しい。
僕の日常に欠かせない機能がアラーム機能。
毎日、4時半、5時、5時半、6時・・・に鳴る。
国内外の何処へ居て毎日鳴るから、僕の生活パターンの中で
重宝している。
ちょっと寝る時、アラーム機能で寝過ごさない。
新幹線での移動で降車駅到着の5分前にセットしておけば、
フトした拍子の乗り過ごし・・・がまず無い。
待ち合わせの5分前にセットしておけば、
その時まで本や雑誌を読むことに集中できる。
ほとんどのヒトも同じように使っているのだろうが・・。
それでも多々ある機能のうち、使いこなしているのは
ごく僅かなのだろう・・。
 

企業理念は「食を通じて快適な生活に貢献する」 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141102投稿より≫

11月に入りいきなり三連休となっている・・・が
それは世間一般の話。
出張が続く中で、11月中旬にはアメリカ出張が控えている。
アメリカ行の5日間の予定やそのほか年内の予定の確認。
さらには来年の予定や数年先の見通しなど、することが山ほどある。
そんな中で、ウィルサーチの販売店の方々からの活動報告は
嬉しい。
いろいろな処で、日々、説明会が開催されている。
その規模は問題では無く、説明会を行うという事自体が嬉しい。
説明会が開催されればされるほど、ウィルサーチの名が世間に知れ渡っていく。
 
一般の健康食品の進化型である「本物の健康食品」を
一般の口コミビジネスの進化型である「本物のネットワークビジネス」で
世界中の人々にお知らせしていくのが、(株)ウィル・サーチだ。
一人でも多くの世界中の人々が、「本物の健康食品」を食べてくれれば
くれるほど、その人々の【快適な生活】に貢献できるのである。
 
(株)ウィル・サーチの企業理念を社名の通りに未来に渡って実行に移していく。
企業理念は「食を通じて快適な生活に貢献する」である。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141102投稿より≫
 
マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」と
その急速チャージ型「ウィルピュアプレミアム」を
食べることで、1か月もすれば、自然と多くの方から
声を掛けられるだろう。
「なんか、若返ったみたい」
「化粧品変えた?」
「何かしているの?」
声を掛けられたら、すぐさま言ってあげよう。
マイナス20歳の若返り食品を食べている・・・と。
そして、「どこで手に入れられる?」となったら、
すぐさま、10%オフで購入できるチラシを差し上げよう!!
これぞ、「歩く広告塔」の成果なのだ。
数年前の写真や、マイナス20歳の若返り食品を食べ始める前の
写真を見せて、今の自分と比較してもらえばもっと効果的。
 
さあ、写真とチラシを持って、輝いている姿で、外に飛び出そう。
「歩く広告塔」のショータイムが今日も始まる。
 

どうでも良い事が時に頭を過ぎる & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141101投稿より≫

定期自動発送購読、定期購買購読・・・いろいろな手段があるが、

雑誌や専門誌の購読数は多い方だと思う。
飛行機や新幹線に乗れば、毎月更新の雑誌が目に留まる。
カード会社からも毎月雑誌が送られてくる。
考えてみれば膨大な量の紙媒体が僕の周りに存在している。
目を通した後は、大事な個所は、pdfにしたり、コピーをしたりして保存。
後は、リサイクルへ・・・。
僕だけでもこれだけの量だから、世界中では想像できないくらいの量が・・・。
考え出すとキリが無い・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141101投稿より≫
 
飛行機での移動はJAL便・・・と決めている。
飛行機での出張が多いので、JALでのステイタスは
ここ数年に渡り、最高タイトル。
1月から12月まで1年単位で、フライオンポイント数で
タイトルが決まる。
最高位だと、ファーストクラスチェックインカウンターが利用でき、
キャンセル待ちの最優先権が付与され・・・
要は、様々な特典が付与される。
年末が近づいて来て、そろそろ今年のポイント数を意識せねばならない。
ポイントの付与の方法が改訂されたのか、
思ったほど、ポイント数が伸びていない。
残された2か月で、どこまでできるか・・・?
ちょっとしたチャレンジが始まっている。
 
 
 
 
 

目覚めの悪さ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141031投稿より≫

昨日は出張先のホテルで目覚めた・・・のだが、
チェックインの時に、「スイートルームにグレードアップです」と
言われ、そのままスイートルームにチェックイン。
チェックインが夜遅くなったので、押し出し式にスイートルームに
なったのだろう。
それにしても、だだっ広い部屋に独り・・・というのは
妙に落ち着かない。
そんなわけで、昨日の朝はちょっと落ち着かない一夜の
目覚めが悪い朝となった。
その目覚めの悪さを引きずったまま、朝の便で羽田空港へ。
新横浜の事務所で打ち合わせ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141031投稿より≫
 
いま、だだっ広いホテルの部屋にいる・・・。
昨日は打ち合わせから、そのまま夕食へという流れ。
ホテルに着いたのはもう22時を回っていた。
ホテルに荷物を置いて、一寸の独り外出を・・・と
フロントへ。
すると、「お部屋はグレードアップでスイートとなります。」と。
喜んで良いのかどうか・・・。
部屋へ行けば、さすがスイート。
リビングダイニング、簡単なキッチンスペース、寝室、バスルーム・・・
兎に角、広い!!
こんな部屋に、あと数時間しかいないのは勿体ないと、
急遽、独り外出は取り止め。
この空間を楽しもうと、独りホテル時間・・・に切り替え。
今は朝の4時過ぎ。
滞在約6時間になるが、ただただ広すぎて、かなり落ち着かない。
良いのか悪いのか・・・。
まあ、これも経験、ということで。
出発までのあと数時間、しっかり独り時間を楽しむことにしよう。
 

十人十色だから面白い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141030投稿より≫

今週は出張ウィーク。
昨日も多くの方々にお会いした。
それにしても、世の中には本当に沢山の方々が
いるのだなあ、とあらためて思う。
そして十人十色とは良く言ったもの・・・。
僕の話で、ピーンと来るヒト、来ないヒト・・・。
いつもニコニコ明るいヒト、いつもブスッと暗いヒト・・・。
いつも頷きながら良く聞いてくれるヒト、鼻から聞く耳持たぬヒト・・・。
その対応で僕は元気になる時、落ち込む時が多々ある。
でもその度に僕自身が成長し続けている。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141030投稿より≫
 
毎日の活動に手帳の存在は欠かせない。
サラリーマン時代から胸ポケットに収まる手帳を使い始めた。
当初は、保険会社や銀行がその宣伝も兼ねて配る手帳を使っていた。
そのうち、自ら購入するようになってからは、能率手帳を・・・。
途中、数年間、バインダータイプを使うようにしたが、
鞄に入れていると、どうしても取り出すのに時間がかかってしまう。
そんなわけで、またまた能率手帳に。
ここ数年は、いい歳になったという理由から、皮で出来た一番いいタイプを
使うようにしている。
今年もあと2か月・・・。
真新しい手帳をそろそろ購入する予定。
すでに来年の予定がどんどんと入り始めているから、
真新しい手帳もすぐにスケジュールが書き込まれていくことになるだろう。
今年よりも来年、来年よりも再来年・・・毎年どんどんと
未来に向かう動きが活発になる筈だから、
その分、手帳がどんどんと真っ黒に近い状態になっていくのだろう。
黒くなればなるほど、未来の姿は凄いことになっているのである・・・。
今から、黒くボロボロになった手帳を想像し、ワクワクしている僕がいる。
 

親指の爪・・大事に至らず一安心 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141029投稿より≫

昨日は朝一番の飛行機で、羽田空港着。
車に乗り換えて、新横浜の事務所へ。
個別のビジネス打ち合わせを終えてから、
事務所を後にした。
向かう先は病院だ・・。
27日の早朝に痛めたというか、爪がおそらく剥がれたであろう事態に
抗生物質を塗ってテープで巻いて出張へ行った。
痛みは引いたが、ふと見ると、巻いたテープに血がベッタリ・・・。
さすがに化膿が心配になって、診察を受ける気になったのだった。
主治医に紹介状を書いてもらって、S病院の皮膚科へ・・・。
爪が剥がれたか剥がれそうになっているのに「皮膚科?」と
思ったのだが、こんな場合、先ずは皮膚科・・・が正解らしい。
病院で、看護士さんがテープを剥がしてくれる。
爪が一緒に取れてこないか?血が噴き出さないか?・・・心配性が
前面に出る。
テープを剥がすと、血は一切吹き出ず、爪が少し浮いている状態。
それを見た医師は、「ああ、血は止まっていますね。」と冷静。
抗生物質と抗菌塗薬を出しておくので、、、
シャワーやお風呂は大丈夫ですよ。。。
そのうち、爪が生えてきて、下から押し出す形で爪が剥がれていきますから・・。
昔は、爪を剥がして治療をしていたらしいが、
最近は自然と剥がれるのを待つ治療法になっているのだと説明を受けた。
全て自業自得の事態ではあるのだが・・・、あらためて
日頃の行動を注意しないとダメだなあと思うのであった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141029投稿より≫
 
マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を食べ始めて
1か月、ちょうど一本(150粒)を食べ終わったという方にお会いした。
「マイナス20歳の若返り・・・はいかがですか?」と僕は聞いた。
「まだ、何もわからないです・・・。ヒトから何か言われると
聞いていましたが、何も言われません」との回答。
「一度、食べるのを中止していただくと、良さに気付かれる方が多いのですが」
「いま、2本目に挑戦中です・・・止めてみることには勇気がいりますね」
 
「そうですか・・・。食べ始める前に写真を撮っておいて頂ければ良かったですね」
と僕が言うと、「写真は撮っています」と言いながら、
携帯電話に保存されていた、食べ始める1か月前の写真を見せてくれた。
 
その瞬間に、「変わっているじゃないですか!!」と僕の大声が
喫茶店に響いた。
明らかに、1ヶ月前の写真と、今目の前にいる方の顔が全く違い、
明らかに、若返っていたのである。
そこからは、驚きの声があちこちで起こり・・・
結果、私も欲しい欲しいの声となっていった。
 
食べ始める前の写真や、10年前の写真を持っていれば、
マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を食べている
現在の姿そのものが、凄さの証明になるのである。
これこそ、「歩く広告塔」である。
あとは自然と商品の流通が始まっていく。

マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」の 凄さ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141028投稿より≫

出張前に、ただただ不注意から、親指の爪が剥がれ、
激痛の中での一昨日・・・。
昨日の朝、あの激痛がほとんど無く、ちょっと指先が痛む程度。
かなり多めに、マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を
食べたためだろう・・・。
足を引きずっていた一昨日とは全く違う動きに、
僕自身がビックリ。
開発した本人がビックリしていては話にならないが、
あらためて、マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」の
凄さに気付いたのだった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141028投稿より≫
 
お独り様・・・が好きだ。
食事をする時、宿泊をする時、飛行機や電車に乗る時、
車を運転する時、散歩をする時、運動をする時・・・。
いろいろな思いが頭を駆け巡る。
駆け巡る思いは未来へ向かう希望に満ちる思いに限る。
その駆け巡ることが好きだ。
独りだからこそできることだ・・・だから、独りの時間を大切にしたい。
 
というわけで、という訳ではないが、昨夜は出張先で独り夕食。
居酒屋だったが、トラフグのから揚げ・・・。

マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」の効果や如何に・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141027投稿より≫

昨日から出張が続く・・・。
それに先立つ一昨日の深夜、自宅でちょっとした拍子に、
素足で思いっきり躓いてしまった。
右足親指に激痛が走る。
親指の爪が見る見る変色していく。
爪がはがれてしまったことが、見た目と激痛によって確信できた。
ちょっとした不注意からの事・・・。
自分を責めるしか無い。
 
そんなわけで、右足を引きずりながら、車を運転し、
飛行機に乗り、目的地を目指した。
右足の引きずりで、それがひと時の話題になるのだが、
激痛は変わらない。
マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を沢山食べて
どうなっていくのかの実験だ・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141027投稿より≫
 
(株)ウィル・サーチで僕が行う商品説明・・・
健康食品の進化型であるウィルサーチの「本物の健康食品」の
存在を知らない方、知って間もない方などを対象に行っている。
だから、基本的に話す内容は、同じものになる。
この説明を何年にも渡って、何度も何度も聞いて下さっている方も多い。
毎回毎回、何らかの気付きと、何らかの学びがあるのだと言う。
一方で、もう何回か聞いたから・・・とか、新しい方をお連れ出来ないから
聞いてもしょうがないと、説明会に来られない方がいる。
 
僕は思う。
僕は未来を目指して、日々確実に変化している。
だから昨日よりは今日、今日よりは明日、明日よりは未来・・・
話す内容や話し方は確実に変化している。
同じように、未来を目指して生き抜いている方々は
日々確実に変化しているのである。
 
何度何度、同じ話を聞いても、何らかの気付きと、何らかの学びがある方々は
毎日、確実に変化している・・・。
何らかの気付きと何らかの学びが無い方々や自ら気付く環境に我が身を置かない方々は、
毎日毎日を変化無く暮らしている・・・。
 
 

季節の移ろいと共に歳を重ねていく & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141026投稿より≫

出張で地方に行くと、都会ではまだ見ぬ季節の移ろいを感じることが出来る。
ちょっと寒い地域に行けば、もうそこには冬に向かう自然な姿がある。
木々の葉が赤く黄色く染まり、ハラハラと落ち葉となって
地面を覆い始めている。
ちょっと前には新緑が眩しく、また暑い太陽からしっかりと守ってくれていたのに。
季節の移ろいが年々早く感じるのは、日々時間が経つのが速いと
感じるのと同じことなのだろう。
この速さの中で、しっかりと未来を見据え、夢の実現目指して
これからもしっかりと歩んでいきたいものである。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141026投稿より≫
 
今月11日に開催された「第3回ウィルサーチ・カーニバル」には
多数の販売店の方が参加された。
新横浜の本社近くの会場はほぼ満席。
地方からも多くの方が参加・・・。
この参加された方の中で、全くウィルサーチは初めて・・・の方と
一緒に参加された方がいた。
この初めての方が、カーニバルでウィルサーチの製品の良さ、
ビジネスとしての可能性を感じて下さった。
 
製品の良さは、カーニバルへの参加を誘ってくれた方から、
ウィルピュアのミニチュアボトル(20粒入り)を貰って、
直ぐに食べたところ、翌日には、長年のバネ指が治ったことで解ったそうだ。
ビジネスの可能性は、カーニバルに参加していた販売店の方々の様子や、
僕の冒頭での話・・・などから感じたそうだ。
 
その方は、アジアのある国の文化活動に精通している方で、
その関係で、その国にウィルサーチを広げたいと考えた・・・。
そして直ぐに実行に移す・・・。
その国に非常に強大な影響力を持つ方にウィルサーチの製品を
伝えたところ、その国に広めてみたいとなったのだった。
この先、どんな展開があるのかは解らないが、
少なくともあっという間に、全く思いもよらぬ展開になったのは事実。
 
各地で行われている説明会はじめ、カーニバルなどの催し・・・。
毎月それほどの回数があるわけでは無い。
販売店として活動するなら、ビジネス活動の一環として、
ドンドン積極的に出席したいものだ。
お連れする方がいなくても、情報交換や情報収集などが出来るし、
同じ共通の目標を持つ方々から大いなる刺激を受け取ることが出来るだろう。
 

静かな自分の時間を持てるのは嬉しい & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141025投稿より≫

来週はほぼ出張中状態。
その準備を整えるとともに、空いた時間は読書の時間。
最近の報道が公平性を欠いているような気がして、
新聞を取らなくなって久しい。
さらには、テレビもニュースをはじめいろいろな番組に興味が
無くなって、見るチャンスが極めて少なくなってこれまた久しい。
静かな環境での読書や仕事の時間が多く持てるようになっている・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141025投稿より≫
 
(株)ウィル・サーチの「本物の健康食品」6品目は、ウィルセル化技術で
原料化した食の素材が主原料・・・多くの方々に「快適な生活」をお届けしている。
これら「本物の健康食品」を広く広告宣伝してくださっているのが
ウィルサーチ販売店の皆様だ。
全ての販売店の皆様が、実際に「本物の健康食品」を食べているので、
歩いているだけで、例えば「そうして綺麗になったの?」「どうして元気なの?」・・
などと声を掛けられる。
つまり、販売店の皆様は【歩く広告塔】なのである。
そうなると、話は簡単だ。
お客様の側から声が掛かるのだから・・・。
ウィルサーチの【歩く広告塔】が増えれば増えるほど、ウィルサーチの輪が
世界中に広がっていくのだ。
「本物の健康食品」をしっかり食べれば食べるほど、
【歩く広告塔】が効果を発揮する。
 
 
 
 

嬉しいコメント & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141024投稿より≫

昨日は終日にわたり、都内。
業界に詳しい先生からは、
ウィルサーチの商品とそれを拡販する仕組みについて
コメントをいただいた。
 
ウィルサーチは健康食品を進化させた商品を、
口コミビジネスを進化させたビジネス展開をしていることが良くわかる。
正しい考えで運営しているから、悪 が入り込んで来る余地がない。
自信を持って、信じる道を歩んでいけば、未来は明るいだろう。。。
 
嬉しいコメントだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141024投稿より≫
 
ふと我が人生を振り返れば・・・
思いも寄らなかった人生を歩んできた。
 
ほんの四十数年前、、、紀文に就職し、バイオ研究者になり、
企業で研究を続ける企業人になる・・・なんて考えもしなかった。
ほんの三十数年前、、、博士号を取得して名実ともに一人前の研究者になる
・・・なんて考えもしなかった。
ほんの二十数年前、、、22年間お世話になった紀文を退社して、
起業し、自ら社長業をする・・・なんて考えもしなかった。
ほんの十数年前、、、企業人として社会人として人並み以上の
環境を獲得している・・・なんて考えもしなかった。
 
だからこそ、明日からの未来に今以上の考えられないような
凄い人生が待っている・・・と確信を持てるのだ。
(株)ウィル・サーチは僕の研究の集大成である「本物の健康食品」を
販売店の皆様と共に世界中に広げようとしている。
一年後、五年後、十年後・・・とんでもない夢のような世界が
広がっていても何ら不思議は無い。
ウィルサーチの社名の通りに、我々は一致団結して 未来永劫、研究し続ける・・・!
ウィルサーチの社名の通りに、我々は一致団結して 未来永劫、拡販し続ける・・・!
 
 
 

世界中の方々が認め始めている & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141023投稿より≫

昨日の午前中は海外からのお客様が(株)ウィル・サーチの本社へ。
来られたお二人の方それぞれがその世界では有名な方。
小さな国の方だから、その国では非常に有名な方なのだろう。
ウィルサーチの6品目のうち、マイナス20歳の若返り食品を
ご提案。
すぐにでも母国に持ち帰り多くの方々に伝えたいと。
製品の良さは、既に食べてくれているそうで良く解ってくれていた。
製品力の凄さで、世界に渡り広まる製品であることが証明された。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141023投稿より≫
 
ウィルサーチのビジネスは・・・
 
「販売・宣伝方法に制限がありません(販売・宣伝方法が自由です)」
「商品力が抜群=お客様の高リピート=安定収入が見込めます」
「報酬の受け取り条件は商品一品以上の自己購入だけです」
 
だから、仕事を探している20歳以上の老若男女の誰もが、
参加できるビジネスと言える。
 
自分からの情報発信で、ウィルサーチの「本物の健康食品」が
世界中の人々に伝わっていく・・・
自分のビジネスパートナーからの情報発信で、
さらにウィルサーチの「本物の健康食品」が
世界中の人々に伝わっていく・・・
グループを超えてウィルサーチビジネスに携わる方々から
さらにウィルサーチの「本物の健康食品」が
世界中の人々に伝わっていく・・・
 
こうして、ウィルサーチの輪が広がれば広がるほど、
世の中の全ての人々が喜びに満ち溢れていくハズだ。
そして、「良くぞ、素晴らしいものを伝えてくれた」との
感謝が満ち溢れていくハズだ。
結果、販売店の皆様それぞれの、夢が実現していく。
 

不思議な再会 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141022投稿より≫

ロサンゼルスの飲食店でたまたま隣り合わせになったO社長と
昼食を共にするなんて思ってもみなかった。
そんな思ってもみないことが昨日実現した。
O社長とはもう彼是3年ほど前に、ロサンゼルスでお会いした。
年間に数回はアメリカに行く僕と同様に、O社長も
仕事柄、アメリカへは何度も行っていたそうだ。
席を同じくするまでは、おそらく何度も何度もすれ違い状態だったのだろう。
自動車関連の物品を取り扱うO社長とは仕事上では
全く異なるわけだし・・・。
ホントに偶然の隣の席・・・で意気投合したのだった。
以来、名刺交換はしていたものの、自然とO社長の存在は
僕の記憶からは消え去っていった。
そんな時、食べた料理を一品ずつ紹介してみようと
始めたフェイスブック(若山祥夫)のメッセージにO社長からの
メッセージが入ったのだった。
フェイスブックで再開してから約2年越しで、
昨日、新横浜で昼食をご一緒したという次第。
全く業種が違うからか、仕事の話は一切無く、
それはそれは楽しい時間であった。
聞けば来月はO社長と丁度入れ替わりで僕がロサンゼルスに行くことも
わかり、ますます、ヒトの出会いの不思議さに驚いたのだった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141022投稿より≫
 
(株)ウィル・サーチは、健康食品をより進化させた「本物の健康食品」を
販売店の皆様のお力で世界中の人々に広めている会社である。
僕を含めた会社のスタッフ皆がいろいろな面から、サポートを
させていただいている。
目標は、「本物の健康食品」を世界中の一人でも多くの人々に食べていただき、
その方々の快適な生活に貢献することにある。
 
さて、日頃からウィルサーチの事を広めてくださっているSさんが
ブログを開始されている。 http://watasinikiite.seesaa.net/
御年70歳だからまさしく、70の手習い・・・といったところか。
その努力には頭が下がる。
またブログを書くという手法を教えてくださったという、これまた
ウィルサーチを広めてくれているO氏にも頭が下がる。
このブログ・・・Sさんの普段の生活や人生の中に、いかにウィルサーチの製品群や
会社そのもの、そして若山祥夫博士が、入り込んでいるのかが良く解る。
このような「ウィルサーチのファン」が増えれば増えるほど、ウィルサーチが
世界中に広まっていくのだろう。
「ウィルサーチのファン」が協力しながら活動すれば更に広まっていく速度が
加速するはずだ。
ウィルサーチが世界中に広まった未来の姿を想像するだけで、胸が高まっていく。
その先に、ウィルサーチによって快適な生活が実現した、、多くの方々の喜びの笑顔が見えるのである。
 

多くの気付きは叱咤激励から・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141021投稿より≫

昨日はいろいろな方々から教えを頂いた日。
叱咤激励・・の数々。
結果、多くの気付きを頂けた。
夜は技術関連の打ち合わせ。
かなり専門的な内容になるのだが、かなりワクワクする時間でもある。
打ち合わせには食事やお茶が付き物・・・と僕は思っているので?
昨日も大いに食べて大いにお茶をして、一寸だけ呑んだ・・・。
 
さて、日頃からウィルサーチの事を広めてくださっているSさんが
ブログを開始されている。
御年70歳だからまさしく、70の手習い・・・といったところか。
その努力には頭が下がる。
またブログを書くという手法を教えてくださったという、これまた
ウィルサーチを広めてくれているO氏にも頭が下がる。
このブログ・・・Sさんの普段の生活や人生の中に、いかにウィルサーチの製品群や
会社そのもの、そして若山祥夫博士が、入り込んでいるのかが良く解る。
このような「ウィルサーチのファン」が増えれば増えるほど、ウィルサーチが
世界中に広まっていくのだろう。
「ウィルサーチのファン」が協力しながら活動すれば更に広まっていく速度が
加速するはずだ。
ウィルサーチが世界中に広まった未来の姿を想像するだけで、胸が高まっていく。
その先に、ウィルサーチによって快適な生活が実現した、、多くの方々の喜びの笑顔が見えるのである。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141021投稿より≫
 
あまり知られてはいないが、(株)ウィル・サーチの商品説明や事業説明は、
毎日のように全国各地の販売店の皆さんの下で行われている。
少人数の小さな規模のものから、会場を借りての本格的なものまで・・・。
商品説明は、健康食品を進化させたウィルサーチの「本物の健康食品」の
存在を知らなかった方々に、その存在とその凄さを知っていただくためのもの。
事業説明は、良い商品を取り扱うことで収入を得られる「仕事」を
探している方々に、ウィルサーチのビジネスプランの存在とその凄さを
知っていただくためのもの。
 
これらの説明会の状況(開催日時、主催される販売店名、会への参加人数、
商品購入や販売店登録に結びついた結果報告・・・)は、
開催申請書&開催報告書を見ることでわかる。
毎日数か所で行われる説明会の開催申請書&開催報告書は
僕が必ず目を通す書類だ。
日々の販売店の皆様の動きが手に取るようにわかる。
 
きちんと細部まで、丁寧な文字で報告してくれる方は
おそらく説明会にお越しいただくお客様を大切にしてくれているのだろうな・・・。
目標通りにならなかった場合でも、その原因、そしてその対策、
次回開催成功に向けての決意をしっかり書いて下さる方は
これからの活動がきっと花を咲かせていくのだろうな・・・。
僕が必ず目を通していると見越して、僕へのメッセージや激励の文を
添えてくださる方は
説明会で僕の事もしっかりアピールしてくれているのだろうな・・・。
 
僕にとっては、これらの開催申請書&開催報告書によって、全国の動きが
手に取るようにわかるのである。
たかが報告書、されど報告書・・・なのである。
 

商品力が評価されることは開発者冥利に尽きる & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141020投稿より≫

昨日は週明けの月曜日。
朝から銀行に行って雑用をこなし、あとは連続して
打ち合わせ&会議。
午前中には終えるつもりが、次から次へと報告してくれる
事項があって、午後までかなりずれ込んで終了。
・・・夕方からの都内での予定のために、移動する準備を
している時に、誰もが知る有名人から、ウィルサーチの
マイナス20歳の若返り「ウィルピュア」と「ウィルピュアプレミアム」の
ご注文が・・・。
テレビ出演の際に、「ウィルピュア」と「ウィルピュアプレミアム」を
食べていると、出演者の誰よりもお肌の調子が良いと実感出来るのだという。
さらには、テレビ出演している自分より若いタレントと比べて自信が出て来た・・・。
この歳になって、こんなに凄い健康食品は見たことが無い!とも・・。
ご主人も有名人だが、インターネット情報ではご主人の年齢が御年60歳だから、
御注文主の有名人の年齢はおそらく50歳代後半だろう。
この方が「ウィルピュア」と「ウィルピュアプレミアム」を食べ続けて下されば
そのうちに、何故かだんだん若く綺麗になってきた!・・・と
評判になるかもしれない。
 
商品力が評価されることが一番うれしい事である・・・開発者にとっては・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141020投稿より≫
 
毎日のように多くの方々にお会いして
話を伺う機会が多いからだろうか。
生き方、仕事の仕方、考え方、、、
良い面悪い面・・・いろいろな角度から
アドバイスを頂くことが多い。
頂く相手の年齢は、僕の年齢が年齢だから、僕より先輩後輩それぞれ
同じくらいの割合か。
いずれにしても有り難い事である。
頂く様々なアドバイスを僕の中で咀嚼して、
積極的に取り入れる。
だからこそ、昨日よりも今日、今日よりも明日・・・
僕は確実に進化している。
 

バタバタの日曜日 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141019投稿より≫

昨日は、来週以降と11月に入ってからのスケジュール調整に追われた。
いろいろな場面が次から次へと出現してくる。
月末にかけては出張が続くと共に、お会いする方々が
続々と・・・なんていう言い方は大げさだが。
与えられている日にちと時間は一定なのだし。
だから、食事を交えての打ち合わせは朝食・昼食・夕食・夜食・・・
を効果的に使うことにしている。
急遽の予定変更も多い。
予定変更の要請を受けて、それでは飛行機のキャンセルと予約のし直し・・・
と思い、予約確認・取り消しページを開くと、
期限までの購入を忘れていて、全く予約が入っていないことに気付いたり・・。
11月中旬には急遽、アメリカ出張が決定・・・3泊という短期間だが。
しっかりと技術プレゼンをしてくる予定。
飛行機・ホテルの手配を終えたので、後はレンタカーの予約さえすれば
オーケー・・・。
まあ、そんなわけでバタバタの日曜日だった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141019投稿より≫
 
僕が原料そのものから創り上げた「本物の健康食品」。
どうして、巷に溢れる健康食品の進化型であるのか・・・
どうやって、そのオンリーワンの原料を創り上げているのか・・・
どういう考え方で創り上げたのか・・・
どうして、多くの方々に早く体感していただけるのか・・・
この「本物の健康食品」を食べたらその方にどうお役にたつのか・・・
これらの事を、日々、多くの方々に伝えて広めてくださっているのが
(株)ウィル・サーチの販売店の方々だ。
伝え方は自由だ。
チラシでの宣伝、販売店には無料で開放される専用の販売ページ(アフィリエイト)、
お店での販売、通販での販売、直接の販売・・・
アイデア次第でウィルサーチの輪が広がっていく。
 
究極は、日頃から販売店の皆様が伝えていることを、
開発者である僕が自ら語る説明会、講演会へ一人でも多くの方々を
お誘いすることだ。
販売店で頑張っている方、頑張ろうとして考えている方・・・
ウィルサーチの「本物の健康食品」を食べて下さっている方、
食べてみようかと考えてくださっている方、
そんな健康食品なんてあるわけが無いと疑問を持っている方、
健康食品自体を絶対に認めない方・・・・・・
どんな方でも、僕の説明会、講演会を聞いてくれたほとんどの方々が、
「目からウロコ」「是非、食べてみたい」「販売店になりたい」
などと言ってくれる。
 
だからこそ、説明会、講演会の開催される場所や日時がわかったら、
一人でも多くの方に声を掛けて、会場へ足を運ぶように誘って欲しい。
どんなに遠くの場所でも、自分がいっしょに行けなくても、
声を掛けて頂く価値は十分だ。
世の中には、僕の話を直接聞いてみたいと思ってくださる方々が
沢山いらっしゃる。
自信と誇りを持って、僕はこれからも販売店の方々と
一人でも多くの方々に、ウィルサーチの「本物の健康食品」を伝えていく!!

若い頃は・・・は禁句なんだが。 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141018投稿より≫

若い頃は・・・というフレーズを自分の口から
言う年齢になってきているようだ。
若い頃はちょっと運動をしただけで、それこそ身体の
あちらこちらが筋肉痛。
最近は身体をかなり酷使しても筋肉がなかなか痛まない。
筋肉の量が減ってはいるのだろうが、無くなっているわけじゃあ
無いはずだから、やはり反応が鈍くなっているのだろう。
デスクワークが多いからなるべく身体を動かす時間を作る
ように努めているが、身体を動かしたらその証として、
筋肉痛の一つや二つは来て欲しいものだ・・・。
ついつい、口に出てしまう。
「若い頃は・・・」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141018投稿より≫
 
良く日本で見る光景・・・サービスエリアの駐車場、
飛行場の駐車場、ショッピングモールの駐車場などなど
に設置されている身障者ドライバーのための駐車スペースへの
違法駐車。
混んでいる時などは、身障者専用マークには見向きもせず、
堂々と一般車が駐車している。
 
アメリカではどんなに混んでいる時でも、必ず身障者用スペースは
空いている。
駐車している車には必ず身障者のマークが示されている。
 
この違いは何だろう・・・。
マナーの良い悪いは当然あるのだが、一般車が身障者用に停めているのが
解った時の罰が重いのだろうと思う。
信賞必罰がはっきりしているから、違反が極々少ないのだろう。
罰が嫌だから・・・という理由だけでなく、
社会のルールを守る!ということが理由ならもっと良いだろうが。
社会のルールを守らせるため、違反したものの罪は重くする・・・、
なんてシンプルで分かりやすいのだろう。
こんな考えがもっともっと日本国内で広がったらなあと思うのである。
 
 
 

新たな動きが確実に・・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141017投稿より≫

昨日は終日都内での打ち合わせ。
その間にも次から次へと携帯やメールの対応に追われる。
(株)ウィル・サーチのスタッフはじめ、販売店の皆様が
ウィルサーチのオンリーワン商材「本物の健康食品」を
世界中の人々にお届けする!という共有の目標に向かっている結果だろう。
各地で行う説明会の新しい開催要項も来週初めには発表出来そう・・。
アフィリエイト(6品目全ての商品が1割引でお買い求めいただける販売ページ)も
動きが活発になってきている。
新しい動きが確実に始まっている・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141017投稿より≫
 
ヒトは独りでは絶対に生きてはいけない。
多くの人達の存在があってこそ、生きていける。
 
だが、生きていく際にどの道を歩んでいくのか、
自分の人生をどう生き抜いていくのか・・・を
決断して行動に起こすのは自分しかいない。
決断する際の時間は孤独だ・・・。
この孤独にどれだけ耐えながら、決断して生き抜いていけるか・・
少なくとも僕は常に心のどこかで、自問自答している。
孤独に耐えながら・・・。
 

「本物の健康食品」に対する関心度は高い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141016投稿より≫

昨日は東京近郊で、個別のミーティング・・・の予定が
来られる方の人数が多く、説明会規模となった。
主催のKさんやSさんのお声掛けの結果だろう。
約30人近くの方ほとんどが初めての方。
会場は地元の地主の方が所有されているログハウス。
室内一杯の方々の前で、一昨日の杉葉子さんとの
食事の場面から離し始めた。
熱気ムンムンの中での説明会・・・。
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」の
説明を終えた後、質問タイム。
活発な質疑応答は皆さんの関心の高さを示していた。
やはり、巷にあふれる健康食品への疑問は、多くの方の
胸の中にあるのだ・・・ともあらためて感じるのであった。
 
汗だくだくで終えた後、都内へ戻り、次の打ち合わせ先を
目指したのだった。
フト気づくと、10月ももう半ば・・・。
あっという間に日が過ぎ去って行く・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141016投稿より≫
 
昨夜、映画「青い山脈」で一躍、有名になった東宝のスター杉葉子さんと
食事をした。
僕よりも30年近くの大先輩・・・。
現在、ロサンジェルスにお住まいで、年に2回ほど、
日本で行われるトークショーなどのために帰国されるという。
 
「春の桜の季節と秋の美味しい季節に・・・」と素敵な笑顔。
美形なお顔は年輪を重ねているものの、その存在感は圧巻。
明るい色のチーフが素敵だ。
世界中を駆け巡って、暮らし、旅して来られた自信と誇りに圧倒される。
そして、今なお果てし無い大きな「夢」に向かって
生き抜いているのだと、これまた素敵な笑顔で明るく語る。
僕も「僕が創った本物の健康食品で、健康食品業界に革命を起こす」と
夢を語る・・・。
 
夢に向かって生き抜いていれば、例え命尽き果てた後も、必ずその夢を
引き継ぐ人が出てくるはずだ。
夢を描くのには、年齢制限は無い・・・。
二人で大いに笑い、語らい、夢を再確認・・・。
ほんの数時間前に出会ったのに古くからの親友同士のような感じで、
今度はアメリカで会うことを約束してお店を後にした。

ヒトからヒトへと広まっていく & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141015投稿より≫

昨日の午前中は、新横浜本社で連続するミーティング。
スタッフからいろいろなアイデアをもらって、
明日からの動きに生かしていく・・・。
 
午後からは、Rさんのご紹介で、往年のスターが出演する舞台観劇。
ご一緒したのが、映画「青い山脈」の主演女優のSさん。
Rさんは、僕の創ったマイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を
愛用していただいている。
結果、圧力鍋の蒸気で火傷した酷い痕が綺麗になってきたと
周りの方々に伝えてくれている。
Sさんに会うと同時に、「ウィルピュア」をRさんは薦めてくれた。
 
昨日、舞台が始まる前の時間で、これまたRさんの知り合いで
舞台の主役男優である、往年の御三家のお一人であるS氏の
楽屋を訪問させていただいた。
楽屋にいらっしゃった、S氏とその奥様、奥様のご両親にも、
Rさんはマイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」を
薦めてくれた・・・。
Rさんのもの凄い人脈で、マイナス20歳の若返り食品「ウィルピュア」が
広まっていくことを確信できたのだった。
 
舞台終了後、Rさん、Sさんという僕より大分先輩である美女2人と共に
美味しい食事を頂いた・・・。
美味しく、楽しく、笑いのある時間は、あっという間に過ぎ去って行った。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141015投稿より≫
 
夢を描くのに年齢制限は無い・・・。
少なくとも僕は命尽きるまで夢を描き続ける。
 
夢を描いているからその夢の実現のために懸命になれる。
夢を描いているから充実した毎日が送れる。
夢を描いているから思いがけぬ出会いがある。
夢を描いているから思いがけぬ人生の転機に出会う。
夢を描いているから挫けそうな時でも立ち直れる。
 
夢を描くことをしないヒトは現状維持が精一杯。
懸命になる事が無い、充実した毎日を送る事が出来ない、
思いがけぬ出会いが無い、思いがけない人生の転機に遭遇し無い、、、、、
そして、挫けそうな局面でさらに挫けてしまうのだ・・・。

(株)ウィル・サーチの第2創業期がいよいよ始動!! & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141014投稿より≫

昨日は朝からバタバタ・・・。
今月来月の予定の調整や新たな販売店登録の方への対応など、
バタバタはしているが、いずれも今後の展開に期待が持てる動きなだけに、
嬉しい悲鳴に近い。
 
午後からは(株)ウィル・サーチ 横浜本社セミナールームにて
商品説明&事業説明。
当初は台風のために、説明会自体の延期を進言してくださる方も
いらっしゃったが、天気予報をしっかり調べて、朝方には、
台風が通過してしまうと、開催をしたのだった。
蓋を開けてみれば、会場に満杯の来場者。
新しくお見えの方も多くいらっしゃった。
なんか、先日のカーニバルから、
ウィルサーチの雰囲気が変わってきたように思える。
新しい方々の人数の増加、長くウィルサーチに携わる方々の意識変化・・・
第2創業期が始まって、約半年が過ぎ去ろうとしているが、
ここに来て、真の第2創業期が始まったようだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141014投稿より≫
 
台風が来ている・・・。
台風の予報から予定変更を早々に決めるケースがほとんどだろう。
ただ、単に予定変更をすれば良いケースならそれで良いけれど、
何が何でも・・・どんな暴風雨であろうとも・・・
どんなに交通機関が止まろうとも・・・、
予定変更できない場合は、どうしたら、その場に行けるのかを
必死に考える・・・、少なくとも僕は。
 
思い出すのは去る8月9日、10日の紀伊田辺への出張。
大型台風が直撃した・・・。
もし8日に予定が無かったら、8日中に紀伊田辺へ入っていただろう。
8日の東京での予定を終えて深夜に帰宅し、出張の準備。
9日の未明には飛行機の欠航が決まったので、
速攻で新幹線で新大阪、新大阪から在来特急で紀伊田辺へ行こうと決めた。
紀伊田辺までは新幹線、在来特急で約5時間かかるから、
7時には新幹線に乗っていた。
その時、主催のFさんから、「無理しないでください」との連絡が入る。
僕がお会いする予定の方々は断ると言う。
僕は行けるところまでは行くので、どうしても行けない場合は勘弁を・・、と答えた。
新幹線で新大阪に向かう道中で、新大阪からの在来線特急全ての運休のニュースが。
困った時のレンタカーだ。
車なら、例え高速が閉鎖になっても、一般道で行けるだろう・・・と
スマフォで新大阪のニッポンレンタカーへ予約を入れる。
皆、考えることは同じらしく、予約できたのが最後の一台・・・。
新大阪で乗り換えて、レンタカーで紀伊田辺入り・・・。
僕とのミーティングをキャンセルされる方もいらっしゃったが、
この台風の中、無理して来てくれて感動しました!
この台風の中、無理して来てくれて社長の本気度が分かりました!
など、感謝の言葉を多く頂いたのだった。
 
初めから諦めるヒト・・・と、最後の最後まで諦めないヒト・・・では
大きな差が付くのかもしれない・・。
 

重ねた年齢にふさわしい人間でありたい & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141013投稿より≫

昨日は、フェイスブックのダイレクトメッセージや
投稿記事のコメント欄・・・、それに携帯メールへ
本当に多くの方々から、僕の誕生日へのお祝いメッセージを
頂いた。
お祝いをされて喜ぶ年齢では無いことは十分に理解しているが
多くの方から祝っていただくのは、嬉しいものだ。
気持ちを新たにして、この一年間も悔い無く生き抜くつもりだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141013投稿より≫
 
日曜日の早朝6時前の時間・・・テレビで流れていたのは
大手健康食品通販会社のCM。
30分は同じ商材をCMしている。
その中で、社長が出てきて、「これは私も食べています。
私が食べないものはお客様に勧められません。」などと言っていた。
この話を聞いて、社長自らが食べているなら安心だと考え、
購入するヒトが多いのだろう・・・、
僕の中では???マークだらけとなるのだが。
 
さてその商材は、目に良いとされる、色素(ポリフェノール)たっぷりの
果実を前面に出した商材だ。
ポリフェノールには抗酸化性があるから、紫外線を浴びて活性酸素が生じ
眼に悪さをして目が悪くなるという考えから、そこに抗酸化性を持つ成分が
存在すれば、活性酸素の影響が無くなって、目が悪くならない・・・
という理論・・・。
確かに、その理論自体は正しい。
だが、ポリフェノールが口から入ってきて、それが目に届き、
眼で抗酸化性を示すか?と言えば、まず有り得ないのである。
 
僕が創るウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」では、
10年に及ぶ膨大な体験談が存在する。
10年間、6品目のラインアップは変えていないから、
この膨大な体験談は正真正銘、6品目に対するものだ。
鶏のトサカ丸ごと酵素分解物(W-HA)を主原料とした
マイナス20歳の若返り実現食品「ウィルピュア」を
食べて、近視が改善、老眼が改善、緑内障が改善、、、
H社長は緑内障で視力が無くなった左眼が「ウィルピュア」で
僅かに見えるようになってきている・・・など、
眼の周辺で神経が繋がったとしか思えない現象(体験談)や
眼の周辺で抗酸化性を示したとしか思えないような現象(体験談)が
報告されている。
鶏のトサカ丸ごと酵素分解物(W-HA)の作用を細胞レベルで
調べたところ、神経突起伸長作用や強い抗酸化性が
しっかり認められたのである。
 
僕が何故、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」で
健康食品業界に革命を起こす!
健康食品業界の市場を一変させる!
と言う根拠がここにあるのだ。

第3回「ウィルサーチ・カーニバル」参加の方から喜びの声多数!! & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141012投稿より≫

昨日は一昨日の第3回「ウィルサーチ・カーニバル」に参加した方々から
喜びやお礼が多数寄せられた・・・。
このカーニバルは、販売店のH社長がカーニバル実行委員会を立ち上げて下さり、
その後方支援をウィルサーチがさせていただいているので、
このカーニバルの成功は、カーニバル実行委員会の皆様(プロキャスメンバー)の
企画進行のお蔭なのである。
いずれにしても、ウィルサーチの第2創業期・・・更なる飛躍を充分に
予感することができる「ウィルサーチ・カーニバル」となった。
その現場で、冒頭に話をさせていただき、また皆さんの躍動感を
感じさせていただき、僕も更なる未来に向けて歩んでいく
勇気を頂けたのだった。
 
昨日の午後早くに、書店へ。
久しぶりの書店、行ったのはいつもの日本橋丸善。
また多くの書籍を購入した・・・購入は兎も角として、
書店内を巡る時間は、気持ちが昂るとともに、落ち着く時間でもある。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141012投稿より≫
 
昨日11日は第3回「ウィルサーチ・カーニバル」。
今回のカーニバルは2部制。
回を重ねる毎に参加者が増えている。
今回は、九州、近畿、中部、東海、関東・・・と広範囲からの
出席者が・・・。
僕と初めて会う方も多数・・・。
ウィルサーチの盛り上がりを実感できるカーニバルとなった。
 
1部は本社セミナールームで商品体験談のラリー。
最前列に座って次から次へと発表される信じられないような
商品の体験談を聞かせてもらった。
皆が自身に起きている体験を感謝の念を込めて発表してくれる。
開発者冥利に尽きる。
ウィルサーチにしか存在しない「本物の健康食品」の凄さや可能性を
皆であらためて共有することが出来た。
2部は場所を本社近くの国際ホテルに移し、カーニバル。
カーニバル始まる直前の5分間を会社に頂戴し、
昇格された方への昇格認定式。
それを終えて、カーニバル開催。
ガラッと明るくハイテンションでの開催だ。
僕は冒頭、社長として未来のウィルサーチの姿を語らせていただいた。
語りながら、僕自身がこのウィルサーチの未来の姿に
酔いしれた・・・。
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」で一人でも多くの
方々に快適な生活を実現していただきたい。
ウィルサーチのオンリーワン「本物のビジネスプラン」で一人でも多くの
方々に快適なビジネス環境を提供していきたい。
 

第3回「ウィルサーチ・カーニバル」 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141011投稿より≫

昨日は朝から新横浜のウィルサーチ本社へ・・・。
第3回目となる「ウィルサーチ・カーニバル」の日だ。
今回は2部制で、午前中の1部は本社セミナールームで
商品体験談のラリー。
午後からの2部は、会社近くのホテルの宴会場でカーニバル。
50人超の参加者の熱気がウィルサーチの今後の広がりを予感させた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141011投稿より≫
 
最近、思いがけない出会いや思いがけない大きな話に良く出会う。
その全てが、信頼のおける方々からの紹介という形だ。
誰もが知る超大物実業家から私的パーティーに誘われたり、
誰もが知る俳優や宝ジェンヌ、実業家と知り会えたり、
誰もが知る政治家と知り合えたり・・・。
そのほとんどの方がウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」に
興味を持ってくださる。
数か月前まではこんなことになるとは想像もできなかった。
ある先生との出会いとその教え、ある実業家との出会いとその教え・・・が
僕に変化をもたらせているのだろう。
これからも、一人でも多くの方々との出会いを大切にして、
さらにはその方々から紹介される新しい出会いを大切にして、
しっかり生き抜いていこうと思う。
 

羽田空港国内線ターミナルは夜10時でゴーストタウン & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141010投稿より≫

昨日の午前中から午後にかけて、
バイオ関連の研究施設、生産施設の見学と打ち合わせ。
新たな展開に繋がって行くかも知れない。
その後は、関西地区の拠点になりそうな、施設の見学。
いずれも、信頼のおける方々からの思いがけないご紹介によるもの。
日ごろからの信頼関係の構築が大切なのだなあ、とあらためて思うのであった。
 
夜は約1000人の参加者の大?パーティーに出た。
このパーティーへの出席も信頼のおける方からの招待・・。
伊丹空港からの最終便にのるために、途中で退席。
それにしても、飛行機の最終便が余りにも早過ぎる。
羽田には21時半過ぎの到着。
今までに何度か見た光景だが、羽田空港はまだ22時にもなっていないのに、
全てのフライト情報が消え、手続きカウンターは真っ暗で人っ子一人居ない。
24時間空港がもっともっと機能していけば、
更なる充実したビジネスライフ、観光ライフ・・・が実現するはずだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141010投稿より≫
 
出張先で話す機会が多い。
上手く行く時、行かない時・・・・
それを決定付けるのが事前の案内。
僕の事、ウィルサーチの事、製品群の事・・・
それを事前にどのように伝えていただいているのか、、、
これによって、僕が行く意味が有るのか無いのかが決まっていく。
僕がその地に訪れるという事を貴重な時間と見る場合は、
そのほとんどの場合、その場所へ来たほとんどの方が、
僕の事、ウィルサーチの事、製品群の事・・・を知っているから
話がしやすい環境が存在する。
こんな場面では、話が速いものである。
気持ち一つ、事前の準備一つ・・・で大きな差が付くものだ。
 

独りになるまでの長い時間 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141009投稿より≫

昨日は朝一番からの出張。
出張先の空港に着いてから直ぐに車に乗せられ、関係各所へ。
僕が直接話をするというせっかくの機会を無駄にしない・・・
という主催の意気込みを感じる。
次から次へといろいろな方にお会いした。
超有名人と同期の宝塚、医師、地元のオーナー・・・
通常は緊張する場面なのだろうが、緊張はしない。
僕自身の成長も確認できた一日だった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141009投稿より≫
 
明後日の11日に「第3回ウィルサーチ カーニバル」が開催される。
販売店の皆様の主催で、会社は後方からの支援。
先日は最終の打ち合わせ(プロキャス・ミーティング)が
本社のミーティングルームで開かれた。
後からの報告で、開催に向けて、キャストの皆さんが前向きな
議論を重ねてくれて、有意義な会議になったという。
前向きな議論は前向きな結論を導き出す。
当日は全国各地から、多くの方が参加される予定だ。
今までの2回の開催よりも多くの参加人数なので大いに盛り上がることだろう。
今回、他の予定が変更できず、ご参加いただけない方々が
後から「ああ、やっぱり、カーニバルに行けば良かった」と
悔やんでいただけるような盛り上がりを期待したい。
第4回以降の日程も既に決まっている。
スケジュール帳にカーニバルを書きこんでもらって、
他のどんな予定より最優先で参加しようと思っていただけるカーニバルに
なって欲しいものだ。
 
 

三日坊主精神の打破 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141008投稿より≫

どうして、そんなに熱心に更新や投稿を続けるのですか?
良く聞かれる事だ。
ブログ、フェイスブック(若山祥夫、若山祥夫ウィルサーチ)と
毎日更新を目指していてそれを実行しているから聞かれるのだろう。
いずれも、自己満足の世界である事は十分に理解している。
その中で、ブログ、フェイスブック(若山祥夫ウィルサーチ)は
兎に角、毎日更新をし続けようと決めたのは僕自身。
誰に言われたわけじゃない。
だけど、自分で決めたこと。
幼少のころから三日坊主精神で歳を重ねてきた。
この精神を、ブログ、フェイスブックで打破出来たように思う。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141008投稿より≫
 
フェイスブックについては、こうして投稿しているものの、
素人だから、戸惑う場面が多々ある・・・。
 
全く知らない方々の集合写真の説明文に僕が一緒にいたことになっていたり、
全く知らない投稿に僕がタグ付け・・・をしたことになっていたり・・・。
 
「あの人達と知り合いで九州で呑んでたの?」
「○○さんとはどういう知り合い?」・・・
などと聞かれる。
全く身に覚えがないから、困惑するばかり・・。
誤解が誤解を生んでしまうケースも有るかも。
一緒にいるボタン?とか、今ここにいるボタン?とか、タグ付けの意味とか・・
押したことも無ければ、意味を理解して操作したことも無いのに・・。
 

勉強するのに年齢制限は無い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141007投稿より≫

昨日の午前中はセミナーに参加。
いつもと逆の立場で勉強だ。
受付時間とほぼ同時に会場へ。
それでも僕より早く受付には10人ほど並んでいた。
皆、熱心なものである。
約100名入る会場はスクール形式。
係の方が「前の方から・・・」と声を掛けているが、
それぞれの好みの席に座っている。
僕は最前列のスクリーンと講師の立ち位置の前に陣取った。
若い人が多い中、かなり目立つ位置となる・・・。
約2時間に及ぶセミナーだったが、知ろう・学ぼうという気持ちが
強かったので、あっという間の2時間だった。
良く還暦を過ぎてから大学に入学して、若者と一緒に学んでいる例などが
紹介されるが、どんなに歳を重ねても自ら進んで学ぶことは楽しいものだ。
この学びがビジネスに良い影響をもたらせば、さらに良い・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141007投稿より≫
 
古い話になるが、大学を卒業して就職した先は食品会社。
自分で願書を書いて就職試験を受けて就職した。
休みが少なく、給与は安いことは、就職時のデーターから解っていた。
 
休みが少ないなら自分で一生懸命働いて実績を出して休みを多くすれば良い、
給与が安いなら自分で一生懸命働いて実績を出して給与やボーナスを多くすれば良い。
 
こんな風に考えていたから、同僚や先輩や上司が給与が安い、休みが少ない・・・
と愚痴や文句を言っているのが不思議でならなかった。
朱に交わったら朱くなってしまうと考え、付き合いをなるべく少なくしたものだ。
 
独立して、個人事業主となってからは、自分で働けば働くほど、
その見返り=給与や休みが増えるのが嬉しい。
自分の働きが悪ければ、その反動も必ずあるのだから、わかりやすい。
 
ただ、残念に思うのは個人事業主にもかかわらず、
得られるお金が少ない、自分の時間が無いとか言うヒトがいることだ・・・。

販売店の皆様からの嬉しい報告 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141006投稿より≫

(株)ウィル・サーチは独自技術で原料そのものから創り上げた
オンリーワン「本物の健康食品」を、販売店の皆様の手によって
多くの方々にお届けしている会社である。
最近、各地の販売店の皆様から嬉しい報告を多く頂いている。
各地から各地へと広がりを見せ始めている。
広がりを見せれば見せるほど、「本物の健康食品」を召し上がった方々から
短期間でびっくりするほどの体感報告があるのだ。
オンリーワン「本物の健康食品」を取り扱う、(株)ウィル・サーチから
目が離せない!と業界で囁かれるようになる日は近い・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141006投稿より≫
 
毎日のように不平不満ばかりを言いまくりながら過ごすヒトがいる。
不平不満を言う事で得られる事は、言ったことに対する自己満足だけだと思う。
不平不満を言う事で失うものは、ヒトとの信頼関係や未来の良き構築であろう。
 
毎日のように夢を語り、その夢の実現に向かって生き抜いているヒトがいる。
夢を語りそれに向かっていくことで得られる事は、毎日一歩ずつと言えども
確実にその夢の実現に近づいているという事実とその夢の実現に賛同してくれる
多くの人々との輪の広がりだと思う。
夢を語りそれに向かっていくことで失うものは、まず存在しないはずだ。
むしろ失うのではなく、思いがけないような凄くて素晴らしい現実が目の前に現れるだろう。
 
 
 
 

学びに年齢制限は無い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141005投稿より≫

今週は2つのセミナーと1つのセッションを受講する。
自ら出会い、自ら申し込んだものだ。
人間、生涯にわたり、いろいろな事を吸収しいろいろな事を学び
生き抜いていくのが良い。
おそらく、どの講師も僕よりは若いだろうが、
僕よりそれぞれの分野で秀でている。
その秀でたものの中から少しでも僕のものに出来れば嬉しい。
また、学んだ結果を未来の動きにしていければ、
更なる可能性の追求・実現に通じていくであろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141005投稿より≫
 
いわゆる健康食品の国内市場は1兆円を超える。
食べているヒトの8割以上のヒトが食べている健康食品が
実際にどのような喜びをもたらせているか解らずに食べているという。
 
これらの健康食品を、広告宣伝して販売している方々がいる。
毎日のようにテレビでCMが流れている。
続けることが大切・・・なんていうフレーズで・・・。
その健康食品の謳い文句で食べているヒト達のほとんどが、
どのような喜びをもたらせているか解らずに食べているというのは、
ブラックジョークのようでもある。
 
さて、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」は
2004年の発売以来ラインアップは変わっていないにも関わらず、
食べた8割以上の方々が短期間で喜びを体感し、食べ続けてくれている。
喜びがあるから食べ続けてくれる。
この10年間に及ぶ「本物の健康食品」を食べて得られた体験談が膨大に得られている。
この膨大なデーターは貴重なものである。
これらの体験がどうして短期間で得られるのか・・・貴重な研究テーマである。
このウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を取り扱う
販売店の皆様は誇りと自信を持って、一人でも多くの方々に
「本物の健康食品」を広めて欲しいものだ。
広めれば広めるほど、喜びを体感しながら食べ続けてくれる方々が
増え続けていくであろう。

ストレスを吹っ飛ばして生き抜いていこう & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141004投稿より≫

出張先での打ち合わせなどが上手くいって、免疫力がアップした
状態が、出張からの帰りの道中で一気に下がる場面が多々ある。
その場面には必ずヒトが絡む・・・。
 
昨日も・・・。
 
搭乗待合室、大型テレビの前に堂々と立ってそのテレビを観ている
人達の邪魔をする・・・。
 
飛行機の狭い通路を大きな荷物を肩に掛けてズンズン歩いて
通路側に座る人達の肩や頭にゴツンゴツンと荷物が当たる・・・。
 
飲み物のサービスが半分ほど終わろうとしていた頃、気流が悪くなり揺れが始まる。
急いでサービスを行うCA二人。
そんな状況なのに、サラリーマン風の男性二人が羽田から都内の目的の場所への
交通機関を問う・・・。回答は後で良いから、、、なんて言わないから、
そこで、サービスが止まる。
結局、揺れが激しくなり、サービスを受けられないヒトが多数・・・。
 
羽田空港に遅れて着陸。
次の時間が厳しい人達は急ぎ足。
そんな時に通路をふさぐように歩くヒト達・・。
そんな時に通路をふらふらと歩き、右側を抜き去ろうとすると右に、
左側を抜き去ろうとすると左に・・・。
 
ストレスが溜まる場面の数々だ。
困ったことは、ストレスを与えるヒト達はそんな状況に全く気付いていない・・
という事なのだ。
僕だけが感じるストレスなのかもしれないが・・・。
どんな場面でも、スッと流せるような大きな心がまだ僕の中には育っていない。
まあこの歳になるまで育っていないのだから、これから先も
同じようなストレスを受けまくるのだろう。
だからこそ、日頃から、美味しく食べて、楽しく仕事をして、
楽しく笑いのある人生を歩んで、ストレスを吹っ飛ばしていこうと思うのである。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141004投稿より≫
 
お金は後から付いてくる・・・
お金だけを追いかければお金は逃げていく・・・
僕が若い頃から自分自身に言い聞かせている言葉だ。
 
「お金を貰えれば一生懸命やります。凄い実績を出します。」
等と言う方は多くいる。
この言葉には何の担保も存在しない。
過去の実績や活動をアピールされてもこれからの動きに対しての
担保が存在しない。
 
「凄い実績を出しました。もっと予算(お金)を貰えれば、もっと凄い実績を出します。」
と言うようなヒトはお金が後から付いてくる。
 
だから・・・
お金は後から付いてくる・・・
お金だけを追いかければお金は逃げていく・・・

ミーティングから広がっていく & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141003投稿より≫

昨日は始発JAL便での出張。
始発のJAL便への搭乗はもう慣れたものだ・・・。
目的の空港に朝8時半過ぎに着いてすぐに空港内のコーヒーラウンジで打ち合わせ。
その後、個別のミーティングが続き、
その合間を縫って宿泊先のホテルにチェックイン。
ちょっと休んだ後、夕方からまたまた個別のミーティング。
いろいろな方々にお会いすることが出来たのだった。
昨日の一日で、世の中にはまだまだ多くの「本物の健康食品」を
待ち望んでいる方が沢山いらっしゃるのだと改めて確信できた・・・。
これからも信念を持って、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を
広めていくつもりだ。
また、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」の事業展開の
可能性を広めていくつもりだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141003投稿より≫
 
良くタクシーを利用する。
そのほとんどが時間を有効に活用したいという目的のため。
車内で電話を掛ける・・・
車内でメールをする・・・
車内で次の打ち合わせのための書類を整理する・・・
移動の時間で周囲の目を気にせず、いろいろな事が出来るのが嬉しい。
ただ、一つだけ、その快適な空間を維持できるには条件がある。
僕だけに限ったものかも知れないが・・・。
 
その条件は運転手さんとの相性だ。
手を挙げてタクシーを停める。
ドアが開いて乗り込んで、行き先を告げる。
この時の運転手さんの対応一つでそこからの空間が快適か
そうで無いのかが判断できる・・・。
 
何故かブスッとしている・・・
何故か無言のまま・・・
何故か運転が荒い・・・
 
こんなタクシーには乗りたくない・・・と思いながらも
今日も3回道端で手を挙げた・・・。

一寸先には何があるか、どんな出会いがあるか・・・解らない。& ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141002投稿より≫

一寸先には何があるか、どんな出会いがあるか・・・解らない。
だから如何なる機会であっても、緊張感を持って臨むべきだ。
 
こんなことを昨日痛烈に実感したのであった。
 
人脈が幅広いAさんの誘いで、女性中心のメンバーで構成される
会合に参加させていただいたのが昨日の事・・・。
誰もが知る大物実業家夫人が会長で、メンバーは、女性経営者や
投資家、実業家や医師などの御夫人などで構成される会合。
世界各国の文化を学んだり、チャリティーコンサートなどで社会奉仕活動・・。
昨日は某国大使からその国の文化を学ぶランチミーティング。
正午前から2時間の講演後、ランチをするという流れ・・・。
男性の参加は珍しいというのを知ったのは、開場と同時に
受付を済ませ、Aさんから、会長を紹介された時だった。
Aさんは、僕の事を「こちらは、マイナス20歳の健康に良い食を研究されている博士」と紹介してくれた。
挨拶を交わして、円卓に座り、次から次へと来られる方々に、
「若山です」・・・と挨拶。
講演を聴いて、ランチを食べて、、、所謂、セレブな方々を観察する・・・
気軽な気持ちで開演を待っていた。
総勢80人近くの女性の集まりはそれだけで圧巻・・・。
その中に男性は僕以外に一人だけ・・。
 
会長の挨拶で会は始まり、先ずは、参加者の中から2人の方が挨拶・・・。
さあ、始まる・・・という時に、大使の到着が遅れるとの連絡。
あと5分くらいという時間を皆に待って欲しいと会長が
述べて、さらに、「今日はマイナス20歳の若返り食品を開発されたドクターが
起こしなので、ちょっと前で話を聞きましょう」と急な僕の挨拶指名・・・。
僕は頂いたチャンスでしっかりと、ウィルピュア、ウィルピュアプレミアム・・
の話をしたのであった。
大使の話が終わり、ランチの準備が出来る間の15分間、大使の周りに輪が出来るのは
当然として、僕の周りにも小さな輪が・・・。
「どうしたら、マイナス20歳の食品は手に入るの?」
 
一寸先には何があるか、どんな出会いがあるか・・・解らない。
だから如何なる機会であっても、緊張感を持って臨むべきだ・・・痛感した昨日だった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141002投稿より≫
 
今月から新たなるキャンペーンが(株)ウィル・サーチで始まっている。
キャンペーンのチラシも配布し始めている。
また、キャンペーンの内容説明会も開催・・・。
いずれにしても、このキャンペーンを有効に活用して欲しいものだ。
有効に活用していただければ、
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を
お使いの方々にとっても、
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を
広めてくれている販売店の方々にとっても、、、
喜んでいただけるはずである。
結果として、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」が
世界中の人々を【快適な生活】に導いていくはずである。
 

皆で知恵出し合えば見えてくる・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141001投稿より≫

昨日は1日ということもあってか、打ち合わせが連続・・。
次への展開を図るための施策を練り合う。
10月から始まるキャンペーンや11日に行われる「ウィルサーチ・カーニバル」など
イベントが盛り沢山。
皆で知恵を出し合って今年残り3か月を良くしていきたいものである。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック141001投稿より≫
 
銀座の深夜・・・独り歩いていたら、どこかで見た男女が
帰途を急ぐように前方から歩いてきた。
「博士!」
二人が声を上げた・・・。
一瞬、誰かわからなかったが、その顔をマジマジと見て
その二人がだれなのかが解った。
良く行く銀座の飲食店の大将とフロアー担当の女性だったのだ。
二人とも普段は仕事着なので、仕事帰りのその姿の感じが全く違った・・・。
「時間あるなら、ちょっと行く?」との僕の誘いに
満面の笑顔で「はい!!」と二人が同時に応える。
馴染みのバーが満席だったので、初めて行くバーの門を叩く・・。
初めてのお店でのバーテンとのやり取りや、
普段見せない僕の顔を見たからだろう・・・。
二人の緊張は取れ、楽しく美味しい空間がすぐに出来上がった。
大将が最後の方でシミジミと言った。
「いやー、博士とこうしてご一緒出来ていることが信じられないんです。
こんなに感激したことは有りません・・・。
明日から、今まで以上に頑張れそうです!!」
こんな言葉を聞けるのが嬉しい・・・。
僕も・・・一回り以上年下の、夢持つ大将から、いっぱいいっぱい元気を
もらえたよ・・・と心の中で叫んでいた。
 

キャンペーンは活用してこそ意味がある & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140930投稿より≫

毎月の事だが、月初めの1日は何となく、シャキッとする。
先月までに出来なかったこと、出来たことを
今月は更に進化させるぞ!という意気込みとなる。
今年もあと丸三か月・・・。
どんな三か月になって、今年を終えるのだろうか。
今の動きを見ていると、とんでもない大きな成果が三か月後に
現れてくるようで、今からワクワクしている。
 
昨日は、11日に開催予定のウィルサーチ・カーニバルの
キャストミーティングが本社で開催された。
販売店主催なので、基本的に会社はノータッチだが、
ミーティング終了後に時間をもらって、
今日から始まるキャンペーンの説明を担当部長からさせてもらった。
キャンペーンの説明会は、今日と明日にも本社にて行う予定だ。
キャンペーンの説明会は今まで開催したことが無いので、
初めての試み。
キャンペーンが上手く活用されて、「本物の健康食品」が
一人でも多くの方々の手元に届くのが楽しみである。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140930投稿より≫
 
僕は結構有名人好きだ。
街角で有名人を見かけると飛んで行って見たくなる。
新幹線や飛行機で有名人と一緒になると無性に嬉しい。
だから、僕が1年半に渡って、ラジオ番組の中で
いろいろな有名人と話が出来た時には無性に嬉しかった。
そんな折、普通にお付き合いさせていただいているH氏が
実は、有名人だったことを知る。
ラジオのパーソナリティーとして九州では有名・・・。
少なくとも僕とお茶を飲んだり、話をしている時には
そんなことはおくびにも出さない。
凄いなあ・・・と心から思う。
思い返してみれば、独特のオーラのようなものは
漂っている。
そのオーラを素直に感じられない僕がいるだけなのかも知れぬ。
もっともっと素直な心を持とうと思う。
そして僕自身ももっともっとオーラ漂うヒトになろうと思う。
 

肝に銘じる言葉・・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140929投稿より≫

今日で9月も終了だ。
今年も残り3か月・・・。
しっかり未来を見据えて悔い無く歩もうと思う。
 
昨日は遠距離ドライブ。
帰路の高速道路・・・、連日の疲れが溜まっていたのか、
睡魔が襲って来た。
サービスエリアの案内が近くは3キロ、中間は15キロ・・・。
ちょっと頑張って15キロ先を目指そうと頑張っては見たものの、
そこは経験の力か、そんな頑張りをあっさり否定して、
最寄りのサービスエリアへ。
車を停めて暫しの睡眠・・・。
熟睡の15分間が効いた。
睡魔によるピンチが見事にクリアされ、無事に東京へ。
眠くなったら休憩を・・・肝に銘じたい。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140929投稿より≫
 
自分の力で自分の未来は変えられる・・・
 
だから僕は毎日毎日、僕自身の未来を、僕がかじ取りをしている会社の未来を
変えようと懸命に生き抜いている。
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を通じて
世界中の人々に「快適な生活」を実現してもらおうと・・・。
 
ただ、忘れてはならないことは「感謝」だと僕自身にいつも言い聞かせている。
ヒトは独りでは決して生きてはいけない。
僕の周りの全ての方々、地域の方々、さらに言えば社会全体・・・
常に「感謝」の気持ちを持ちながら、未来を変えるべく日々生き抜いていけば、
必ずや未来が開け、とんでもない大きな変化を起こした現実に直面するだろう。
自分の力で自分の未来は変えられるのだから・・・。
 

時は確実に流れている & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140928投稿より≫

昨日の夕方、フト気づくと、大相撲は千秋楽。
そう言えば最近はじっくりと大相撲をテレビ観戦・・・
なんていう時間がすっかり無くなっているのに気付く。
新入幕の逸ノ城が大活躍で大いに盛り上がっているのは
知っていたが・・・。
僕が応援している錣山部屋の豊真将関が大怪我で
休場中というのも、ちょっと疎遠となっている原因か。
いずれにしても日々時が刻まれ、それぞれの世界で
それぞれの人々が生き抜いている。
僕も我が信じる己の人生をこれからも悔い無く生き抜いていく。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140928投稿より≫
 
苦しかった時、楽しかった時、嬉しかった時、悲しかった時・・・
様々な節目を体験してきた。
その節目のほとんどが自分で決めた結果だ。
右と左の二者択一で生きる方向を都度決めている。
右ばかり選択してきたヒトと左ばかり選択してきたヒトでは
生きてきた方向が180度違う・・・。
そのヒト達が未来に向かう時左右を完全に変えたら・・・?
生きていく方向が未来へ向かえば向かうほど同じ方向を
向くことになる・・・。
だからこそ、人生は面白い。
ヒトの力は限り無い。
自分の未来は自分の力で変えられるのだから・・・。
 

床屋での爆睡が原動力に・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140927投稿より≫

昨日の午前中は床屋さんへ。
約3時間弱の間・・・こんなに眠れるの?って位の爆睡。
「はい、倒しまーす」「はい、上げます」・・・
と椅子の背もたれを上げ下げする際のみ、
「ありがとう」と口を開くだけ。
この約1月に一度の爆睡が僕に良い時間をもたらせているのだろう。
夕方からは大阪からの知人らと食事。
大阪人気質?を充分に再認識した時間となった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140927投稿より≫
 
第三回目となる、「ウィルサーチ カーニバル」が
来月の11日土曜日に開催される。
遠くは九州や近畿、東海地方から参加される方もいらっしゃる。
いずれも、各地で活躍中の販売店の方々や、これから販売店登録を
しようと考えている方々だ。
しっかり刺激し合い、しっかり情報交換をして、未来を構築していって欲しい。
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」を、
世界中の人々に伝えて、結果として自分の夢を実現させる・・・
これが我々の共通の夢なのだ。
同じ夢を持つ者が共通の場所で刺激し合い、情報交換をする。
一人でも多くの方にご参加いただきたい。
これからも開催されていくであろう、この「ウィルサーチ カーニバル」・・・
最優先でスケジュール帳に記される存在になっていくに違いない。
 

ボケが場の雰囲気を大きく変える & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140926投稿より≫

昨日の午前便で羽田空港着。
ランチミーティングに向かう。
今年いっぱいで、勤め先を辞め起業した会社に専念するという。
その決意や如何に・・・と彼を問い詰める。
かなり甘い考えだったので、僕なりの意見を言わせてもらった。
丁度、10歳年下の彼と僕との間に緊張が走る・・・。
場所は最近開拓した寿司屋のカウンター。
客は我々だけ・・・、正面の大将にもちょっとした緊張が走るのを
僕は見逃さなかった。
偉そうにするのは嫌いだが、この場面では、傍から見れば
僕のドヤ顔、エラソ顔・・・がかなり目立ったろう。
僕としてみれば、いつ振り上げた刀を下すのか・・・
機会を探る。
その機会は、こんな会話の中から生まれた・・・。
 
「だいたいね。喋りすぎるのも良くないよ。時には男は黙って勝負してみろよ。」
「そうですよね。貝になります・・・。」
 
「そうだよ!!アワビになるんだ!」
「すみません・・・、あの、アワビでなく、ハマグリの方が・・。」
ここで、二人と大将と女将の間に笑いが・・・。
 
その後は、いつものようなリラックスした空間となったのであった。
美味しい料理と美味しい会話は、夢の実現へ確実に近づくものだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140926投稿より≫
 
大阪で・・・、
「ピカピカになった」
「元気になった」
などと食べ始めた方が近所の方から言われると喜んでいた。
この様な話はあらためて言わなくてもあちこちで聞こえてくる。
だから「歩く広告塔」なのだ。
ウィルサーチの「本物の健康食品」が広まれば広まるほど
広告宣伝の効率は高まる。
広まった時を想像しよう。
その時の自分を想像しよう。
未来を思い描ければ必ずその姿に近づいていく。
 

新たな出会い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140925投稿より≫

昨日は朝から出張。
羽田空港不信は続いているので、タクシーで。
少なくとも駐車場の工事が終わるまでは、
この不信感は消えないだろう。
伊丹空港に着いてからは完全な拘束状態。
色々な方にお会いした。
一昨日の異業種交流会といい、昨日の拘束状態といい、
ちょっと緊張はするが、新しい出会いはその後の新たな展開を
予想させてくれる。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140925投稿より≫
 
輝かしいステージで、数千人の前でスポットライトを
浴びる往年のスター達・・・。
パーティー会場でその著名度から、もの凄いオーラを
放ち、多くの方が名刺交換を求め列ができる・・・。
 
そんな現場を直接見て、ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」の
未来の姿をそのスター達、著名人たちに映し出す。
直接、スポットライトを浴びるわけでは無いし、
オーラを放ち名刺交換の列が出来るわけでは無い・・・。
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」の
周りには、多くの喜びの輪が広がっていく。
 
マイナス20歳の若返り、マイナス20歳の健康・・・を
実現できる「本物の健康食品」が世界中の人々を変えていく。
 

たった一度の出会いが信じられない展開に・・ヒトとの出会いは一期一会から広がる。& ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140924投稿より≫

昨日は休日明けの日とはいえ、バタバタ&タメになった一日。
午前中は新横浜で定例の打ち合わせ。
ちょっと遅れ気味で一旦自宅へ。
着替えてから、懐かしの?歌手、西郷輝彦&三田明 スペシャルコンサートへ。
非常に顔が広く、僕にいろいろな方を紹介してくださる
R社長の招待・・・。
このコンサート、ゲストが辺見マリ、野口五郎。
観客は僕と同世代か先輩の女性がほとんど。
そんな中でも日頃はまずは体験しないであろうコンサート鑑賞・・・
を大いに楽しむことが出来た。
R社長の周りにはいつもヒトが集う。
観客席にもいろいろな方が挨拶に来る。
そのほとんどの方々を紹介いただけるのだから、それだけでも貴重なひと時だ。
コンサート終了後は、楽屋へ行って挨拶・・・。
 
挨拶を終え、その足で、R社長と一緒に異業種交流会へ。
この異業種交流会もR社長の紹介で、2回目の参加となる。
僕は異業種交流にそれほどの価値を見出さず、
これまで生きてきたが、3か月前に初めて参加して、
この異業種交流が今までの僕の認識を覆したのだった。
今でこそ、3か月に一回の開催だが、なんと200回に近い開催数。
参加している方々は、各界の名士の面々とその奥方・・・。
年齢は30代の若い方から80歳を超える方と様々。
僕より遥かに世間で顔と名が知れ渡っていたり、
実業で一桁二桁違いの実績を持っていたり・・・。
皆、僕には無い気品と余裕とオーラを持っている。
R社長はこの会の会長とも親しいことから、
僕は前回の初参加の時に次いで、今回も約1分のスピーチを。
これまた凄い面々に交じってのスピーチ。
こんな経験は、R社長との出会いが無かったらまずは出来なかったろう。
たった一つの出会いから、僕の世界が大きく広がろうとしている。
 
コンサートでの出会い、交流会でのスピーチ・・・
しっかりと、(株)ウィル・サーチのオンリーワン技術のこと、
マイナス20歳の若返り「本物の健康食品」のこと・・・
をアピールできたのだった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140924投稿より≫
 
先日の出張で出会った方々・・・
ウィルピュアやウィルピュアプレミアムを食べ始めてから
ほんの数か月しか経っていない全ての方々が、
その凄さ、マイナス20歳の若返りを体感していることに
あらためて驚かされた。
それほど、ヒトの変化に敏感では無い僕でさえ、
その方々の変化に気付く。
ほとんどの方が、自らの変化に感激してくれるとともに
周りの方々から「どうして?」「何かしているの?」と聞かれるのだという。
そうなると話は簡単だ。
ウィルサーチという会社の事、
若山博士の事、
ウィルピュアやウィルピュアプレミアムの事・・・
を語るだけ。
中には、特典でゲットした、プレミアムを渡して実際に食べてもらって
更なる感動を広げている方も・・。
販売店の多くの方々が既に何年間に渡って、
ウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」6品目を
食べ続けてくれている。
初めて受けた感動を呼び起こして欲しい。
初めて受けた衝撃を呼び起こして欲しい。
初めて受けた喜びを呼び起こして欲しい。
全てが事実で、身体で実際に起きた現象なのだ。
呼び起こすことが出来たら、後は簡単だ。
世界中の方々へ
ウィルサーチという会社の事、
若山博士の事、
ウィルピュアやウィルピュアプレミアムの事・・・
を語って欲しい。
世界中にウィルサーチのオンリーワン「本物の健康食品」の輪を
広げていこう!!
 
 

休日を有効活用 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140923投稿より≫

昨日は飛び石の休日・・・。
僕にとってもかなりゆっくりできる休日となった。
午前中の早い時間に、頂いた書籍をじっくり読破・・・。
直ぐに、読後感をメールにて送付。
それからは、書斎の整理整頓。
たまには整理整頓を行って、気分一新!と言ったところか・・。
午後になると、メールや電話の対応に追われる。
やはり、休日と言っても、ゆっくりはさせてもらえない。
夕方からは、これからの未来へ向かう目標設定を
じっくりと頭の中で設定し、今日からの動きに備えることができた。
気力・体力共に充実!
たまにはこんな休日も良いものだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140923投稿より≫
 
過去は変えられないが自分の未来は変えられる・・・
ヒトは変えられないが自分自身は変えられる・・・
 
だからまずは自分を変える、そして未来を見据えて
自分の未来を変えていく!
自分自身を信じて。
 
一秒、一分、一時間、一日・・・過ぎていく時の速度は速い。
過ぎ去る時間は過去・・・。
だからこそ、一時一時、未来を変えるべく悔い無く生き抜いていくつもりだ。
 

手荷物が虚しくターンテーブルを回っていただろう・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140922投稿より≫

昨日は朝から先生の指導を受ける。
いつもいつも色々な気付きを与えてくれる。
鉄は熱いうちに打て!の言葉通りに、
受けた指導を具現化していくつもりだ。
午後からは手広く事業展開している社長宅での個別ミーティング。
これからの展開に大いに期待を抱かせるミーティングとなった。
ミーティングを終え、祭日前の満席の最終便で羽田空港を目指した。
空港に着いて、車で来ていないことを思い出し、
タクシー乗り場へ向かう。
ちょっと考え事をしながら・・・。
それがいけなかった・・・。
自宅に帰り、急いでパソコンを立ち上げようとして、
ハッと気付く!
なんと、預けた手荷物を引き取るのを忘れたのだった。
またまた直ぐにプレミアムデスクへ電話。
あと30分以内に来れれば渡すことが出来る・・・というのを
確認して、車で羽田に向かう。
こんな時に、羽田の国内線も24時間オープンならなあ・・・と
自己都合で思うのである。
預けた手荷物を忘れるという極初歩的なミスをしてしまった・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140922投稿より≫
 
タクシーの利用率は高い。
運転手さんとの出会いも多くなる。
自前のスマフォで渋滞情報をリアルにチェックするサービスを
当たり前のようにしてくれたちょっとインテリ風の運転手さん・・・。
スマフォのサービスなどの事を話していると、
その運転手さんがかつてアメリカで生活をしていたことを知る。
会話が弾む。
アメリカネバダ州には大学時代の留学から・・・。
その後、外資に就職し、その後離職し日本へ・・・。
一般的に言えば超エリート。
外資のキツさが離職の理由だという。
僕の仕事の事にも話が及び、もし縁があれば・・・と名刺交換。
色々な出会いがあるものだ・・・。
 

羽田空港駐車場満車!には要注意! & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140921投稿より≫

昨日は午前便での移動。
朝9時過ぎに、十分の余裕をもっての出発。
レインボーブリッジを過ぎる頃、ちょっと渋滞に巻き込まれる。
その時、僕の頭に羽田空港の駐車場事情・・・が浮かんできた。
時間は9時半前・・、しかも飛び石連休・・・、駐車場が満杯かも!!
急遽、ナビを自宅に設定し、急いで戻る・・・。
戻りながらタクシーの配車を依頼。
自宅へ帰り、タクシーに乗り換えて羽田を目指すと羽田空港への
到着は搭乗手続き締切時間ギリギリか・・・。
 
タクシーに乗り換え直ぐに運転手さんに「急いで!」と。
するとスマフォを手にして、首都高の渋滞情報を入手してくれる。
スマフォは会社支給では無く、自前だという。
渋滞を避け、最短の道を選んでくれて、ナビとスマフォを駆使しながら
スピードを上げてくれる。
途中でJALの予約担当に事情を話し、搭乗締切を過ぎるかも・・
と連絡。
こんな時にもJALの搭乗が多いためにもらっているステイタスが役立つ。
 
羽田空港に着くと案の定、P1からP4まですべての駐車場が満車・・・。
気付いて良かった・・・。
こうしてバタバタの羽田空港だったが、予定通りの搭乗が出来、
多くの刺激的な出会いが予定通り出来たのだった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140921投稿より≫
 
最近は有名人、経営者などの方々との新しい出会いが多い。
僕には人脈が無い方々が多いわけで、
出会いのきっかけは紹介いただくところにある。
その紹介してくださる方々にお会いしたことから、
新しい出会いが始まり、新たなる展開へと結びついていく。
世の中には、多彩な人脈を持っている方がいらっしゃると
いう事にあらためて気づかされる昨今である。
ヒトからヒトへ・・・人脈を広げていく基本中の基本を
感じる日々が続いている。
 

活気あふれるミーティングは未来を見据えている & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140920投稿より≫

昨日は朝から個別のビジネスミーティング。
少数精鋭のミーティングであったが、
前向きな内容は、笑いあり、気付きあり・・・の有意義なものだった。
土曜日は(株)ウィル・サーチは休業させていただいている。
その静かな事務所に大きな歓声が響き渡ったのであった。
僕を交えてのミーティングは予定の1時間を軽く超えて、
3時間近くにも及んだのであった。
僕は夕方から都内で微生物発酵関係の打ち合わせがあったので、
活気溢れる事務所を後にした・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140920投稿より≫
 
昨日の夜は役員のスタッフとの食事・・・。
日頃から様々な事を直言してくれるので、
ちょっと鬱陶しいが、そんな人が僕をますます成長させてくれる。
彼の直言が始まったころ・・・、たまたまカウンターで
一緒になった化学メーカーの役員とその部下2人が、
なんかの拍子で話に加わってきた。
名刺交換までは何となく普通のノリだったが、
話は噛みあわない・・・。
だが、一緒にいたスタッフは専門外なのに妙に話が彼らと合う・・・。
塗料、防水、ウレタン・・・なんでこんなことまで・・・?
と話を盛り上げてくれる。
相手はその道のプロ。
大いに場が盛り上がり、総勢男だけの6人の会はあっという間に
同一職種、同一専門・・・の会合と化したのだった。
 

未来へ繋がる動き & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140919投稿より≫

昨日は朝から急な用事のため、夕方からの予定以外を
急遽キャンセル。
車で片道約200キロ・・・。
夕方までに帰らねばならぬので、行く先での時間は約2時間。
高速を飛ばしての往復時間を入れて合計約7時間の時間内での移動。
早朝からの用事をこなしてからの車の運転はキツイ。
眠気覚ましのミント系、コーヒーでは追い付かず、
身体には悪いであろうポテトチップを口にしながら・・・。
 
ヘトヘトで都内へ戻ったのが16時過ぎ。
15分休んで、夕方からの予定へ出向く。
ちょっとハードな生活が続くが、これも全て未来へ繋がる動きとなっていくだろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140919投稿より≫
 
大学を卒業して就職し、蒲鉾製造工場に配属されていた2年間。
どのセクションでも、一番早く正確に作業をしていたと思う。
例えば、蒲鉾の最終梱包作業。
もの凄く巨大な冷却機からドーッと蒲鉾が並んで出てくる。
それをきちんと箱に詰め梱包して、パレットに積み上げていく。
この作業は機械の流れと同じ速度で淡々と進めることで、
機械と一体化してロスの無い動きとなる・・・が、
僕は考えた。
機械と一体化していては、機械が動いている限り蒲鉾が出続けて
気を休めることも出来ない・・・と。
そこで機械の流れより早く、梱包をする方法を考え実行。
方法と言っても、蒲鉾が出てくるスピードより速く作業をするだけだけど。
でもこの方法で、蒲鉾の列が途切れ、その間にちょっとした時間を
生んだのだった。
そして当時会社で実施していた「何でもアイデア」に応募するネタを
考えた。
良いアイデアには賞金が出るというものだった。
僕はちょっとした時間を生み出し、その時間でアイデアを練った。
そのアイデアが評価され、当時では高額の10万円をゲットしたこともあった。
ちょっとした工夫で時間が生まれ、その時間でお金も手に入れたのだった。
 
時間とお金はちょっとした工夫で、ちょっとした努力で如何様にもなるものだ。
「本物の健康食品」を世界中の人々に伝えるオリジナルな方法を考え、
実施すればするほど、信じられないほどのお金が後から付いてくる!!
 

独り旅で新規開拓は楽しい & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140918投稿より≫

昨日は朝からスケジュール調整などに大忙し。
携帯左手にスケジュール帳を右手に持っての両刀使い・・・。
メモをする時には、左の肩と左耳で携帯を挟んで
左手にスケジュール帳、右手にペンと3刀使いとなる。
そんなことをしながら、昼食打ち合わせ予定の場所へ向かう。
先方からの招待・・・つまり接待を受ける側。
ちょっと窮屈だなあと思いながら待ち合わせ場所へ・・・。
とその時、電話で突然のキャンセル。
ガックリ来るとともに、どこかでホッとする。
こうなると夕方までの時間、僕の独り時間となる。
お昼に営業しているお店の開拓をしてみよう!と意気込んでの独り旅?が始まった。
銀座7丁目、8丁目を歩く。
夜と違って閑散としている。
前からちょっと気になっていたお寿司屋さんが昼間にも暖簾が掛けてあった。
ここにしよう!と暖簾を潜り引き戸をガラッと開ける。
「予約無しで、独りなんだけど・・・良い?」といつものセリフ。
お客は誰もいない・・・。
カウンターに腰を掛ける。
年の功なのだろうか、初めて会う大将と女将との会話が弾む。
だからこんな独り旅は楽しいのである。
次回は夜の部に来るね!と店を後にして、夕方からの打ち合わせに向かった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140918投稿より≫
 
世界を飛び回っているY社長・・・。
9月に入ってからウィルピュア、ウィルピュアプレミアム、ウィルパワーを
愛用してくれている。
愛用から約2週間・・・お会いした途端に出て来た言葉が、
「凄い商品!!」
「顔がシャープになった!」
「疲れが出ない!」
「肌がツルツル!!」
「身体全体が喜んでいる!」
「色々なヒトから褒められる!!」・・・
 
こんな良い商品・・・、秘密にしておきたい・・・。
いや、それでは広まらない。
世界中の人々に広めたいので力を貸して欲しい。。。
ということで、アフィリエイトの仕組みやビジネスの仕組みを
お話させていただいた。
また新たな動きが始まるだろう・・・。
 
それにしても、やはり・・・「秘密にしておきたい」という
深層心理が「本物の健康食品」を食べた人々に存在するのは事実だろう。
この心理を通り越して、世界中の人々へ「本物の健康食品」を
広めることは社会的使命である!と思って、日々活動をしてくれる
販売店の方々が真のビジネス成果をゲットできることになる。
 

未来を見据えるミーティングは盛り上がる & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140917投稿より≫

昨日は朝から都内でミーティング。
外苑の銀杏並木を見ながらお茶が出来るカフェで・・・。
銀杏はふっくらとした実が落ち始め、それだけでも秋を感じる。
お店がオープンするのが8時で、
僕らは9時過ぎに外のオープンテラスに陣取る。
お客さんは僕ら以外には2組だけ・・・。
話は多方面に及び、朝からワイワイ・・・。
お茶を運ぶウエイトレスさんも交えてちょっと異様な盛り上がり。
でも未来を語る我々にはそんな盛り上がりは普通の事だった。
直接会うのが2回目・・・なのに、旧友のような感じ。
過去があるから今がある・・・
未来は自分の力で変えられる・・・
共有できているから話が楽しいのだろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140917投稿より≫
 
毎日、同じことを繰り返していても・・・
その結果を得る過程とか、時にはその結果さえも異なることがある。
その時の心理状態、その時の諸条件によるからだ。
 
毎日、同じ車で同じ車庫に入れる場合でも、
キッチリと毎日同じようには停められない・・・少なくとも僕は。
 
料理レシピ本に沿って、100人の料理人が料理を
作るとものの見事に100種類の料理が出来る。
その時の食材の鮮度や産地、その時の料理人のレシピ解釈の違い、
その料理人のスキルの違い・・・などで料理の出来が違ってくるのだろう。
 
考えてみれば、毎日毎日、同じことを繰り返しているとしても、
その得られる結果は毎日毎日異なっているということだ。
こう考えると、毎日毎日が新鮮に見えてくる・・・。
 

食の素材が全ての出発点・・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140916投稿より≫

昨日は3連休明けの火曜日。
いつものように早朝から世田谷の事務所経由で新横浜へ。
新横浜の事務所で休み明け恒例の打ち合わせ。
打ち合わせを終えて都内へ。
昼食を挟みながらの食の素材を扱っているY社長と打ち合わせ。
新幹線で都内へ出たが、もうすぐ東京駅という地点で
新幹線が急停車・・・。
社内の冷房をはじめ照明などの電気関係がストップ。
外を見れば、車体の揺れと共に、送電線や支柱が大きく揺れている。
地震だという事は直ぐに理解できた。
会社に電話すると茨城方面で震度5弱の地震が発生と解った。
だが、冷房が止まりジリジリと車内が暑くなってくるが、
車内放送では「停電しました」と繰り返すばかり。
結局12分程度の停車で済んだが、これが夏の暑い日ならば
車内温度は急上昇し、体調を悪くする人が多く出たのではないか。
結局13時の打ち合わせ開始時間が、T社長も大幅に遅れ、
打ち合わせが始まったのが14時過ぎ。
初めてのお店なら焦ったろうが、馴染みの天ぷら真での
食事だったので打ち合わせは大いに盛り上がったのだった。
T社長は元はと言えば、大手原料商社に勤める会社員。
2001年に独立してからは、取引をT社長の新会社にシフトしていった。
もう彼是15年の付き合いになる。
昨日の久しぶりの食事会・・・。
短い時間だったが大いに未来を語り、大いに笑い、大いに美味しく味わった。
秋の味覚である松茸の天ぷらは特に美味しかった・・・。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140916投稿より≫
 
仕事柄なのか、遊び柄なのかは横に置いておいて・・
銀座の夜の街を歩くことが多い。
馴染みのお店の大将やマスターやスタッフとちょっとした
拍子でばったり出会う事がある。
いずれも、ほとんどが名前で呼んでくれるのが嬉しい。
「若山さん、いつもありがとうございます。今日はどちらに・・?」
なんて声を掛けられてちょっとした立ち話が始まる。
しばらく行っていないお店だったら、「ああ、ご無沙汰してるね。また、行くね」と
今度は何時行こうか・・・なんて考える。
 
銀座には銀座の道案内人がいることは有名だ。
数あるお店の道案内をしてくれる。
道案内と引き換えに花を買う・・・、そう、花売り娘がその道案内人。
花売り娘といっても、年齢は僕と同い年くらいから上の方々。
その中の一人の花売り娘さんとはもう何年も知り合いとなっている。
どう見ても70歳は超えているベテランの娘さんだ。
僕はその娘さんの名も知らないが、娘さんの方は何故か僕の事を
知っていて「若山先生」と呼ぶ。
見知らぬ通りすがりのお客に声を掛け、歩き回る・・・。
道案内というサービスを売りにしているから、花は結構な数が捌けている。
 
僕らウィルサーチは、「本物の健康食品」という人々が望むものを
拡販している。
この「本物の健康食品」をお届けするというサービスを
もっともっと広めていきたいものである・・・。
 

毎年JALの目論見にはまっている・・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140915投稿より≫

今週もバタバタと忙しい・・・。
週末には3週連続となる関西方面への出張。
出張時の飛行機はJAL便がほとんど。
今回もJAL便での移動。
そんなわけで、JALのフライオンポイントが今年も順調に貯まっている。
搭乗の飛行距離などによって貯まっていくポイント数で
ステータスが決まり、様々な特典が得られる。
一番役に立つステータスがキャンセル待ちの優先だと思う。
僕のように、搭乗直前で早い便へ飛び乗る・・・なんてことが多い
ヒトには嬉しい優先権だ。
キャンセル待ちになると、たいていの場合、乗れることが多い。
今年も残りわずかとなってきた。
あと何ポイントを重ねることが出来るだろうか。
客の搭乗回数や搭乗距離をいかに増やさそうか・・というJALの
目論見に見事にはまってしまっているのだろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック140915投稿より≫
 
「最近、急に綺麗になってきたわね。何かしているの?」
「あれ?杖は使わなくなったの?どうして?」
「ハードな仕事なのになんで疲れ知らずなの?」
等と、声を掛けられる(株)ウィル・サーチの販売店の方々は
簡単に「本物の健康食品」の輪を広げてくれている。
自分自身が歩く広告宣伝塔だから・・・。
24時間365日、ヒトの眼に触れる機会さえあれば、
その広告宣伝効果が高まる。
広告宣伝効果を上げている皆様は、しっかりと「本物の健康食品」を
食べてその効果を実感してくれている。
だからこそ、ヒトから声を掛けられる。
「本物の健康食品」を食べれば食べるほど、その効果は、明らかに解ることは
10年間の実績が証明してくれている。
世界中の方々が「本物の健康食品」を待ち望んでいるのだ!