若山博士の日常 | 若山祥夫.com

カテゴリー : 若山博士の日常

【それまでの生き様や考え方全てが表れる時・・・】

ヒトはピンチに陥った時に、初めて真価が問われる。
 
ピンチを脱するために、現状を見直し、未来へ向かうヒトがいる、、、
このようなヒトは、常に己の立場と役割を認識し、
夢の実現目指して生き抜いている。
決してピンチから逃れようとはせず、しっかりとピンチを見据え、
策を講じ、全力でそのピンチを脱し、未来へ向かっていく。
 
ピンチから逃れるために、楽な現状を必死に維持しようとするヒトがいる、、、
ピンチそのものに気付かず、最悪の結末を迎えるヒトがいる、、、
このようなヒトは、自ら策を講じることは無く、
他のヒトからの指示をひたすら待つか、時間の過ぎるのをひたすら待っている。
 
それまでの生き様や考え方全てが、そんな時に表れるものだ。

【工夫するヒトとしないヒトでは 大きな差がつく】 

平日の行動パターンはたいてい決まっている。
朝6時には新横浜の事務所に着く。
事務所に行く前には、近くのコンビニに立ち寄る。
週刊誌、飲み物・・・などを購入する。
朝の6時というと、夜勤のスタッフが担当だ。
毎日のように行くからすっかり顔馴染み。
そのN氏の働きは見ていて気持ちが良い。
夜中から明け方に配達されてくる食品類、週刊誌、新聞紙・・・
などは僕が行くときにはすっかり整理整頓されて並べられている。
レジ&梱包も素早い。
特に梱包=レジ袋へ入れる作業は僕が知るコンビニのレジ担当の中でも
抜群に早い。
見ていると、袋の両サイドを広げながら、硬いもの、例えば
ペットボトルの飲料や雑誌などで形を作る。
形が出来ると袋は段ボール箱のような感じで、
他の品が入ってくるのを待っている状態となる。
おそらくN氏は、自分で仕事のやり方を工夫しながら
スキルを上げてきているのだろう。
 
N氏が週に一回休む時は、朝の状況が全く違っている。
食品類がトレーに入れられたまま無造作に積んである。
雑誌や新聞がビニールに包まれ、配達されたそのままの状態で
積んである。
レジ&梱包の速度も想像を絶する遅さ・・・。
おそらくこの様なヒトは、与えられた仕事を、なんら工夫も無く
ただこなしているだけなのだろう。
 
同じ仕事でも、そのやり方を工夫するヒトとしないヒトでは
大きな差がつくものである。
 

【6月2日橋本でのウィルサーチ説明会に向けて・・】

6月に入ってすぐの2日に、神奈川県相模原市の橋本で
ウィルサーチ説明会が開催予定。
この開催に向け、主催の皆様が連日のように、
活動を続けているという報告があった。
一昨日にはミーティング開催で現状と
これからの予定を確認し合ったのだという。
 
* 現在の参加予定 35名以上
 
* 5/25 橋本駅前で、講演会チラシを配布予定
 
* 22~25日間に参加予定者へ電話で参加確認。
  5/31(説明会2日前)にもう一度参加確認の電話をする予定。
 
* 当日の、受付、商品展示、玄関での博士出迎え、タイムキーパー、など
  各担当者を決定。
 
こんな報告は嬉しい。
当日、どんな方々にお会いできるのかが楽しみである。
 

【説明会開催決定で、涙が出る程嬉しい・・・】

ウィルサーチの総代理店のA社長・・・。
ウィルサーチ説明会の開催を申請するも、
その都度、僕の予定が埋まっていて、なかなか開催が
出来ないでいた。
先日、6月に入ってからの、日程での申請があった。
ちょうど、その日は僕が空いていたので、開催が決まった。
その通知を受け、A社長からメールを頂いた。
 
「早速の開催決定のお知らせ、ありがとうございます。
博士が来てくれる❗️…とメンバーの皆様にメールしたら、
大変大変喜んでいました。
皆の意気込みが感じられます。
これから、説明会の会場、構成についてミーティングを開催して、
決めていきます。
中身の濃い説明会にしたいと思います。
本当にありがとうございました❗️…涙が出る程嬉しかったです‼️」
涙が出るほど喜んでくださる・・・この事に、涙が出るほど
嬉しかった。
 
このメールの後、毎日のように、説明会開催の案内をしてくれている、、、
一人でも多くの方々に、博士の商品説明を聞いて欲しい・・・、
一人でも多くの方々に、感動してもらい、食べてみたいと思って欲しい・・・、
一人でも多くの方々に、本物の健康食品で若返りたいと思って欲しい・・・、
という願いを込めながら。

【ワクワク感が止まらない】

お肌にガクン・・・
お腹にガクン・・・
眼にガクン・・・
骨や関節にガクン・・・
脳にガクン・・・
 
ガクンガクンを感じているヒトは多い。
もしかしたら、まったくガクンが無いヒトはいないのかもしれない。
このガクンを一つでも二つでも消し去って、快適な生活をもたらせる
食品がウィルサーチの「本物の健康食品」だ。
実際にガクンが無くなるのが自分で解るから、食べ続けていただける。
年齢に関係無く、ガクンが無くなるのは人類の願望でもあるだろう。
「本物の健康食品」が世界中に広がって、人類の願望を実現する状況を
想像しただけで、ワクワク感が止まらない。

【失敗や挫折の無い人生は味気無い】

生きている中で、失敗や挫折はつきものだ。
失敗や挫折するから、今度はしないように、
こうしよう、ああしよう、、、と知恵が浮かぶ。
失敗や挫折があるから、成功がある。
失敗や挫折があるから、知恵が浮かぶ。
失敗や挫折があるから、人生が面白い。
そもそも、夢に向かって歩んでいるからこそ、の事。
 
だから失敗や挫折の無い人生は、味気無いのだと思う。
もし、今まで失敗や挫折した事が無いという人生を歩んできて、
更には、つまらない人生とは無縁だというヒトがいたら会ってみたい。
きっとそのようなヒトは、万一失敗や挫折に直面した時、
対処していく免疫が無いから、大変だろうな、、、。

【忘れてはならぬこと・・・】

起業して約18年・・・。
売り上げを上げる、利益を得ることは、企業が
社会に貢献できている証だから、当然そこに力を注ぐ。
だが、企業活動において、その点以外に大切なものが存在する。
企業レベルでなくとも、個人事業主、個人商店経営者にとっても
同じこと。
 
時に表に立ち。時に裏方に徹し、共に歩んでいく方々の存在だ。
僕はこれらの方々に恵まれていると自分で思う。
ある時は、議論し、
ある時は、叱咤され、
ある時は、共に夢を語る・・・。
 
企業の歩みは、人生の歩みと同じ・・・、
良い時もあれば、悪いときもある。
有頂天になる時もあれば、奈落の底になる時もある。
そんな時、これらの方々の存在が大きなものとなる。
どんな時にでも、このことを決して忘れぬようにこれからも歩んでいく。
 

【自らの仕事を業者に委託=本末転倒だ・・・】

モノの流通が起きるのには、広告宣伝がつきものである。
広告宣伝を行う手段には様々なものがある。
 
口コミ、チラシ配布、販促物の配布、サンプル品の配布、、、
 
様々な媒体を駆使して広告宣伝の効果を上げる。
効果があるかないかは、その売り上げという結果で判断される。
だから、売り上げを上げるために・・・という謳い文句で
様々な業者が存在することになる。
 
口コミならインターネット上などでの所謂SNS関連業者・・・
チラシや販促物ならそれらを効率良く配布する支援業者・・・
新聞・雑誌・テレビなどのマスメディア・・・
 
㈱ウィル・サーチは、「本物の健康食品」を販売店の皆様から
世界へ広げている。
広げる手段は口コミによる。
口コミの手段として、様々な媒体を用意している。
チラシ、小冊子、DVD、タブレットデーター、販売ページ(アフィリエイト)・・
 
これらの存在をしっかり口コミで広告宣伝するのが販売店だ。
要は、様々な業者の役割を、販売店が担っているのである。
自分の販売ページの存在を自らの口コミでしっかり宣伝している販売店は
確実に成果を上げている。
これが、ウィルサーチビジネスなのである。

【性格はなかなか変わらない】

新たなステージへの展開のため、書類の整理、というか破棄作業を
仕事の合間を縫って行っている。
後1ヶ月以内には終わらせたい。
幼い頃から整理整頓が苦手であった。
その上、思い切って捨てることも苦手であった。
どうもこういう性格は歳を重ねても治るものではないらしい。
だから、整理しながら懐かしい書類についつい見入ってしまう。
整理整頓が苦手で、懐かしい書類に見入り、結果捨てられない・・・。
悪循環が続く。
思い切って、第三者の不用品回収業者にでもしてもらおうか。

【夢を描くのに年齢制限は決して存在しない】

昨夜、ちょっとした事から知り合った現役大学生と食事。
大学三年生の彼は自分の未来をどうしていくか、悩んでいた。
一体自分は何をしたいのか、就職すべきか卒業と共に起業するか、、、
大学3年生ならば、多くの人が同じように悩んでいることだろう。
そんな悩みを抱えた彼は、僕からの助言を求めて来た。
 
僕にアドバイスする資格があるのかどうかは解らないが、
僕が大学3年の頃に、起業した事、
会社を選ぶ時に考え実行した事、
国内留学した時に考え実行した事、
起業した事、
今考えていること・・・
などを淡々と述べた。
述べながら、ヒトと如何に違う事をしようと考えて生きてきたのか、、、
ということに今更ながら再認識。
 
彼の眼は僕の話が進むにつれて、ドンドンと輝きを増してきた。
最後に彼が言った・・・。
ありがとうございます。
就職するにしても起業するにしても、その事のみを目指していては
ダメなんだと気付きました。
僕は、世界を駆け巡るような仕事を目指します。
その仕事をしっかり行っていけば、就職しているなら
その会社でドンドンと影響力が出てくるだろうし、
起業せねばならぬ状況になれば、自然と企業が出来るような気がしてきました!
 
店を出て別れ際、僕と3回りほど年下の彼とガッチリ握手。
この歳になって、若者からしっかりと力をもらうことが出来た。
そして更なる夢の実現へ歩んでいこうと決意した。
夢を描くのに年齢制限は決して存在しないのだ!
 

【コミットメント】

30歳になったばかりの頃、あるプロジェクトでご一緒した某社長。
プロジェクト終了時、僕は言った・・というか宣言した。
「いずれ社長と再度仕事を一緒にする時が来ますから、
そのときはよろしくお願いします」と。
なんの根拠も無く、ただただ、その社長の姿を見て、
僕の描く夢を実現していく中で
こんなヒトと仕事がしたいと思っただけだった。
それから、10年後、僕は独立し、偶然にも、
その社長と再会し、仕事が出来るようになった。
 
人生において、大事なコミットをする場面が何回かある。
このコミットには根拠は無いが、そのコミットが生まれる大元は
どんなに大きな夢を人生の中に抱いているということだと思う。
 
昨日も某先生に大きなコミットを伝えた。
5年以内に起こるであろう事柄に
先生の力を貸して欲しいと。
 
 

【一瞬一瞬をしっかりと生きていきたい】

長い人生・・・
決断しなければならぬ時、
決別せねばならぬ時、
厳しい交渉をせねばならぬ時、
最終通告せねばならぬ時、、、
そんな時がある。
そのような時に・・・
それまでの生き様が試される、
その時の考え方が試される、
その先の生き方が試される、、、
だからこそ、
一瞬一瞬をしっかりと生きていきたいと思うのだ。

【電話越しでは声しかわからない・・・】

接待で使うため、飲食店をスタッフに頼んで探してもらった。
良いあんばいで、2つのお店が見つかったとの連絡があった。
どちらも会社から歩いて行けて、僕の好きなカウンターがあって・・・。
「どっちがお奨め?」とスタッフに問うと、
「対象と思しき方の対応が良いお店はTです。
話し方とかが好感持てました。」との答え。
即決で、お奨めのT店に決めた。
電話での対応は、その姿がお互いに見えないためか、
相手の声量や元気度、誠実さ・・・などを声だけで判断する。
良く電話越しに最敬礼している姿を、漫画チックに描いて
お笑いにしている場面があるが、僕は、そうすることで、
真の誠意とか気持ちが声に伝わり、結果、相手に伝わると信じている。
 

【未来へ向かう充実した時間】

昨日は某先生からの特別講義を受けた。
時間にして3時間半・・・。
あっという間の3時間半にわたる個人的な講義&ディスカッションは
様々な角度から未来を感じさせた。
餅屋は餅屋・・・とは良く言ったものだ。
すべての言葉が新鮮に聞こえ、
すべての言葉が学びになった。
2週間後までの課題をお互いに出し合って
充実した時間は終了した。
 
夢を描くのに年齢制限は存在しない、、、
物事を感じ、物事を学ぶことに年齢制限は存在しない、、、

【失敗を重ねてきた教訓】

今の世の中、インターネットをはじめ諸々の場所で、
何でも出来る。
その際必要になるのが、個人の特定のための
ID番号やパスワード。
この数が半端なく多くなっている。
インターネット環境がある限り、どこでもアクセスできるように
一覧表にして持ち歩いている。
新しいサイトなどからのパスワードを書きとめて、
後で整理しようとする時がある。
こんな時には、必ず、そのパスワードがどのサイトへの
ものなのかをメモに添えておく。
当たり前のことだけど、後で・・・と考えていると
すぐ忘れてしまうという失敗を重ねてきた教訓だ。
 
今日から僕にとって、新たな未来が切り開かれていく展開が
待っている。
一つ一つをしっかりと自分のものにしていくつもりだ。
 

【忙しいヒトほど、時間を割いてくれる】

良くいろいろな方から、会って欲しいとの連絡がある。
日程管理をすべて自分でしていて、把握しているのなら
すぐにでも返事が出来るのだが、講演会や説明会などの
日程管理は会社のスタッフが行っているので、
すぐに返事が出来ない場合が多い。
要は、僕へのアポ取りは、結構大変だと言うことになるのだが、
今までの多くの体験で、僕に会うことへの切実性とか重要性とかで、
熱意が違うので、熱意が大きければ大きいほど、
アポ取りが実現するように思う。
時には、僕にどうしても抜けられない急用が出来て、
せっかくのアポ取り、しかもかなり前からの予約なのに、
急遽のキャンセル・・・何てこともあるのだが。
こんなキャンセルの場合は、必死に代替案を探る・・・当たり前のことだけど。
 
忙しいヒトほど、時間を割いてくれる・・・とは、
良く聞く言葉だが、それは忙しいヒトにどれだけの熱意で
アポ取りをするのかということにも通じる。
忙しいヒトほど、相手の熱意の程をしっかり見ているのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ヒトの繋がりは声掛けから・・】

2ヶ月ほど前に、前からカウンターのお店で顔馴染みだった
見た目、僕より若い男性に思い切って声を掛けた。
それまでは、「お先失礼します」などの挨拶程度だったのに、
話が弾み、その方が製薬会社社長と知るのには
時間はかからなかった。
1ヶ月前に、思い切ってアポを取り、その社長の会社に行き
営業活動・・・。
いくら顔馴染みといっても、相手は名の知れた製薬会社。
そんなに話は上手くは進まない。
 
長年にわたり、お世話になっている商社の営業担当者の方がいる。
まったくの異分野での付き合いではあるが、1ヶ月ほど前に、
思い切っての営業活動・・・。
「実はこんなものを扱っているのだけど」と話を切り出す。
「関連会社とかに言ってみましょう」と興味は持ってくれるが
無難な答え・・・。
そんなに話は上手くは進まない。
 
ゴールデンウィークに入る前のある日・・・。
製薬会社社長とカウンターで同席になった。
仕事がオフの場面で仕事の話は、しないことにしているが
その日は社長が僕に声を掛けてきた。
ちょっとした先日の営業活動の続きが始まった。
ひょんなところから、その社長と商社の営業担当者が
高校・大学の同級生で、旧知の仲と知るところとなった。
こうなると話は早い。
すぐその場で、電話をしてくれて、僕との三角関係?が成立となった。
 
たった一言の思い切った声かけが、意外な進展をもたらせてくれた。
ヒトの繋がりは、声掛けから始まっていくという、極当たり前のことを
あらためて知ることになった出来事だった。

【本物の健康食品の実力】

ウィルサーチの本物の健康食品6品目の中でも群を抜いて
売り上げが多いのが「ウィルピュア」だ。
数多くの信じられないような喜びがこの12年間で得られている。
この喜び全てが僕にとっては現象であり、その現象の解明を
行うことが新発見に結びつく。
喜びのお声を寄せていただければ頂くほど、ウィルサーチの新しい
時代の夜明けに繋がっていく。
ただ、喜びは自分で気付かないことが多い。
出来れば、食べ始める前に、写真を撮ったり、良く観察したりして欲しい。
 
先日、「ウィルピュア」を1本丁度食べ終わった方と話をした。
その方は、足に痺れがあり、その原因と考えられた背骨の手術を
受けたものの、痺れの改善には至っていない方・・。
痺れが取れれば、との願いから「ウィルピュア」を食べ始めた。
・・・が、良く解らないと言う。
話をしていると、その方の手の指の第一関節が、曲がっていることに気付いた。
「指が痛いのでは?」と僕が聞くと、
「ええ、リウマチで・・。でももっともっと大きく腫れて痛くてしょうがなかったのに、腫れがこんなに小さくなって痛みもやわらいでいます」
「それだよそれ!!「ウィルピュア」を食べ始めてからの結果でしょ?」
「ええ、確かにそうです。そう言えば、痺れも少しだけどやわらいでいるかも・・。もっと食べ続けてみますね!!」
 
気付いたら、食べ続けていただける。
体感が得られるから食べ続けてくれる。
体感があるから、死ぬまで食べ続けたいと言ってくださる。
 
これが本物の健康食品の実力である。
 

【努力は必ずや報われる】

ゴールデンウィーク明け早々、今日から出張。
ゴールデンウィーク中も活動の報告を数多くの販売店の方々から
頂いた。
皆が休んでいる時がチャンスと見て、活動をしている
様子が良く解る。
【食】べてヒトは生きている。
その【食】を通じて人類の快適な生活の実現に貢献できる
「本物の健康食品」を広めていくのだから、
本来ならその活動は24時間365日休む暇は無い。
かなりの努力が必要だが、その先には、快適な生活を実現できた
多くの方々から、感謝の気持ちが存在する。
努力は必ずや報われるハズだ。

【出張手配・・・】

ゴールデンウィークが終わり、明日から平常業務、、
明日から早速、出張。
出張の交通機関や宿泊先の手配は自分でするが、
手配の段取りはもう慣れたもの。
だが、慣れとは、恐ろしいもの。
予約したつもり、、、が実際には予約した気配すらなかったり、
インターネット上の最後の「決定」ボタンを押し忘れたり。
普段からチェックをするようにしないと、うっかり!が防げない。
ホテルのフロントで予約が確認取れないのは
本当に情けないものだ。
まあ、全てが自己責任なんだけど・・・。
 

【天からのげんこつ】

ヒトそれぞれの人生がある。
生きることは他人からとやかく言われる筋合いのものでは無いが
その生き様は他人が評価してくれるものだ。
生き様は、学歴、職歴、地位、収入・・・などとは無関係だと思う。
生きていく中で様々な場面でその人間性や人間力を見られるものだ。
例えば、地位が高く、収入が高いヒトにはたくさんの人々が集う・・・
が、それは地位や収入に集うのであって、そのヒトの人間性に集うのでは無い。
 
ヒトは独りでは生きてはいけない、
ヒトは沢山の人々の手助けがあってこそ生きていける・・・
こんな当たり前の事を学歴、職歴、地位、収入・・・などが
良くなれば良くなるほど忘れ去ってしまっているようなヒトが多い。
忘れ去れば忘れ去っただけ、天からのげんこつが必ず打たれるものだ。
そのげんこつは、人間性の悪さに表れる。
 

【本物は大切なヒトから伝わっていく】

ゴールデンウィークの真っ只中。
皆が浮かれている今がチャンスとばかりに、
売り上げを伸ばしている販売店の方々がいる。
こんなに凄い方に出会った、
一気に七人のお客様が出来た、
親戚の集まりで話したら皆が注文してくれた、、、
嬉しいのは、本物だから身内や大切なヒトから伝えたいと言ってくださることだ。
これからも本物をさらに進化させて、
さらに多くの人々の快適な生活の実現に貢献していきたい!
 

【有意義な打ち合わせは未来を見据える】

昨日の事・・・今後の方向性を検討する打ち合わせを行った。
会議や打ち合わせは、その集まるメンバーの構成で
随分と勝手が違う。
上手くまとまらない打ち合わせは、メンバーの中に、
理想論や過去の回想による論理を述べるだけに
終始するようなヒトがいる場合が多いと思う。
発言するのはもちろん良いのだが、ではどうするの?
という代替案までいかない。
昨日の打ち合わせは、参加した各メンバーが現状に基づきながら
未来をしっかり見据え、時にはかなりの大風呂敷も加わって
自然に盛り上がるモノだった。
どうせ時間を割くなら、こんな打ち合わせを持ちたいものだ。
こんな打ち合わせを持つと、その後の食事の時間までもが
楽しく有意義な時間となってくる。

【夢を語る時には眼が輝いている】

ここ最近、夢を大いに語り合える方にお会いする機会が多い。
年齢層は幅広い。
僕の子供と言っても良いような若者達から、
僕の大先輩にあたるような方々・・・。
こんな人達と夢を語り合えるというのが嬉しい。
互いに前向きに夢の実現に向かって生き抜いているからこそだろう。
普通に接している時は、特に目立たぬ方も
夢を語る時には眼が輝いている。
恐らく、そんな時には僕の眼も輝いているに違いない。

【各地がゴールデンウィークモード?】

昨日はJAL便での出張。
今年に入ってから4ヶ月。
もう何回の出張をしてきただろうか。
僕の力を必要とし、僕を活用してくれるなら、何処へでも飛んでいく。
また僕が必要とする方が会ってくれるなら、何処へでも飛んでいく。
羽田空港はじめ各地がゴールデンウィークモード。
混雑は凄い。
休みが多い事は経済の良さに繋がるのだろうか・・・
休みの間に何をするか、、、
遊び、仕事、勉強・・・・。
休みの間の時間の使い方が人生における差を生むのかも。
混雑を横目に思うのであった。

【過去からの学びで未来を変える】

その過去が素晴らしいものであったなら、それは過去の栄光。
その過去が悲惨なものであったなら、それは過去の体験。
それらの過去は決して変えることは出来ない・・・
が、ヒトはそんな過去から学ぶことは出来る。
過去から学ばないヒトは、これからの未来は過去に引きずられるがまま。
過去から学ぶヒトは、その過去の体験を生かして
自分の未来を自分で変え切り開いていく。
 
あの時は凄かった、あの時の会社は良かった・・・
だけど、今は酷い、今の会社は悪い・・・、と考えるヒトがいる。
あの時は辛かった、あの時の会社は良くなかった・・・
だから、その体験を生かして今を変え、結果、未来を変えていこう・・・、と
考えるヒトがいる。
この差は大きい。
自分の未来は自分の力で変えられるのだから、
今すぐにでも行動を起こしていきたいものだ。
自分の未来を変えることに、年齢制限は存在しない!
 

【チャンスを掴み取る】

長い人生、夢を描いて生きていれば、
チャンスが到来する時がある。
目の前にあるモノや仕組みが己にとって
人生を変えるほどのチャンス・・・
これを掴み取り、自分のものとすれば、
きっと未来は大きく変わっていくだろう。
 
これまでの長い歩みの中で、僕は沢山の
チャンスに出会い、一生懸命それを掴み取ってきた。
もちろん、チャンスだと気付きもせぬことや
チャンスと思ってみたもののそれが偽物だったことも数ある。
この僕に、更なる夢の実現に繋がる未来を感じさせる
チャンスが巡ってきている。
ここ数日間の出会いや打ち合わせなどで、
確信出来た。
日々、ワクワクしている自分がいる。

【夢を描き、未来を構築していく】

本日の午後、販売店様主催の「ウィルサーチ カーニバル」に
ゲスト出演する。
冒頭の部分で話をさせていただく。
新しくウィルサーチのビジネスを始めた方の参加も
多いようだ。
可能性の部分に光を当てて話をしようと思う。
 
夕方からは都内へ出て、未来へ向けたアドバイスを
頂く予定。
何歳になっても夢を描き、未来を構築していきたいものだ。
 

【早起きは三文の徳】

相変わらず、朝の始動時間は早い。
夜どんなに遅くなっても、朝の早さは変わらない。
東京にいる時は、朝4時半から5時までには、家を出る。
振り返れば、若い頃から朝は早かった。
勤務時代も玄関がガードマンに開けられる朝の6時半に
ガードマンに朝の挨拶をして事務所に入っていた。
この時間だと、電車はガラガラ。
誰もいない事務所で、仕事の準備、時にはちょっとした仮眠・・・。
長年の習慣となっている朝早くからの始動。
おそらく今後も何処で何をしていようと、この習慣は
続くのだろう。

【生き様が現在に表れる】

ヒトは独りでは生きてはいけない。
だから当然のようにヒトとの出会いがあり、
そのヒトを見極め、そのヒトとの未来を見極める。
そうして、その先に、
ビジネス上の関係、家族の関係、友人としての関係・・・が築かれていく。
 
ヒトを見極める時に、そのヒトの履歴や過去の事柄によって、
そのヒトにレッテルを貼ってはいけない。
レッテルを貼ると、その事で、ヒトを正しく見れなくなる。
そのヒトの歩んできた人生が、今目の前にいるそのヒトを創ってきた。
だから、目の前のそのヒトをしっかり見つめ、
考え方、所作振る舞い、未来への考え方・・・を知るのが良い。
 
そのヒトの生き様が今現れている・・・。
そのヒトの未来への考えが今現れている・・・。
 

【天は二物を与えぬ】

天は二物を与えぬ・・・
いろいろな方々に毎日会う。
研究者、営業、プランナー・・・。
そのどれもが、僕の人生の師匠。
昨日ももの凄い方に出会った。
今までに無い感覚。

【経験を活かすヒト、殺すヒト】

銀座には、夜間、タクシーが空車の場合、通行禁止の
区間が存在する。
客待ちのタクシーによる渋滞を避ける意味が有るという。
 
先日の夜間、その区間で一斉の取り締まりがあった。
歩いていると、取締りを受けて切符を切られようとしている
運転手さんと、切符を切ろうとしている若い警官がいた。
若い警官から見れば、自分の親よりも年上と思われる
運転手さん・・・。
黙々と切符を切ろうと免許証をチェックしている警官の横で
手を合わせながら「お願いです。見逃してください、
あと少しで個人タクシーの免許が取れるのです」と
大きな声で懇願する運転手さん。
 
そこまでのやり取りしか分からないが、恐らく、警官は
反則切符を切ったことだろう。
その心中は察するものがあるが・・・。
反則切符を切られた運転手さんが、これを肥やしにして
更なる優良ドライバーを目指すとしたら、
恐らくあの運転手さんは立派な個人タクシーオーナーと
なる事だろう。
もしも、これを愚痴に変えたとしたら、タクシーの運転手の
仕事さえも失うことになるかもしれない。
 
 

お金は後から付いてくる

お金を使うことで、サービスや物品が得られる。
 
サービスや物品がお金を使う側に、高い満足を与える場合、
お金を払う側、お金を受け取る側、双方に信頼が生まれる。
双方に、そのサービスや物品に対して深い愛情が存在するから。
 
その逆で、サービスや物品を受け取る側に何らの満足を
与えなかったり、そもそもお金を受け取る側が
お金を受け取る事だけを目的にしているような場合は
信頼関係は決して築けない。
 
お金をただ追い求めてはいけない。
お金は後からしっかり付いてくる・・・
この事を信じて、ひたすら高い満足度を与えられる
サービスや物品を提供し続けることが大切だ。

ヒトの繋がりは果てし無い

ヒトは独りでは決して生きてはいけない。
仕事も一人では決して成し遂げられない。
多くの人の力添えをもらって仕事をして、生きている。
 
力添えを欲しいと思う時がある。
そんな時にはまず行動を起こすことだ。
事ある毎に、、、ヒトに出会う度に、、、
力添えが欲しい事、力添えしてくれる人に出会いたい事を
口に出し、行動を起こそう。
 
行動を起こすと決めたら、直ぐに実行あるのみ。
思いがけない出会いや展開は、行動を起こした先に存在する。
思いがけない出会いや展開から、己の人生が急変していく!!
 

チャレンジし続け、悔い無く生きる 

人生や仕事において、何を持って成功と呼ぶかは
定かでは無い。
自分の出来る限りの力を発揮し、悔い無く生き抜いたら
それはヒトが何と言おうと「成功」なのだろう。
多くの成功者と言われるヒト達とお会いすることが多い。
その方々に共通なのは、人生において、数回は
失敗したり、ヒトに裏切られたりしている方が多いことに気付く。
中には今現在失敗の最中・・・という方もいる。
失敗をバネに更なる飛躍を目指して悔い無く生き抜いている。
何事かにチャレンジするから失敗があるのである。
失敗の無い人生ほどつまらぬものは無いのかも知れぬ。
 

研究開発には終わりは無い!

研究開発には終わりは無い!
この言葉を胸に今まで歩んできた・・・。
 
現象を見逃さず、その現象を引き起こす要因を
追求し、解明することが研究開発における発見につながっていく。
 
(株)ウィル・サーチは昨日で設立以来丸11年・・・。
設立以来、商品のラインアップを全く変えていない。
この11年で信じられないような体験談が数多く寄せられている。
開発者である僕自身が全商品で様々な体験をしている。
この体験が、確実にウィルサーチの「本物の健康食品」でもたらされているからこそ
ずっと食べ続けてくれる多くの方々がいらっしゃるし、
そのほとんどの方々が、一生涯食べ続けたいと言ってくださるのである。
 
50年来の傷痕・火傷痕が無くなっていく!!
認知症が改善された!!
飛蚊症が無くなった!!
紫外線の悪影響が無くなった!!
疲れが吹っ飛び快適になった!!
花粉症・リウマチ・アトピーが無くなった!!等々・・・
 
ウィルサーチの11年の歴史の中でドンドンと溜まる体験談の数々。
このすべてが僕にとっては現象であるから、
これらの現象が何故引き起こされるのか、
僕の開発した原料そのもののがどう働くから現象が引き起こされるのか・・・
興味は尽きない。
解明された暁にはとんでもなく凄い事が待っているのだ。
研究開発に終わりは無いのである。
 

イライラすること自体が・・・まだまだ未熟

気が短いのか、気持ちに余裕が無いのか・・・
いろいろな場所や場面でイライラすることが多い。
 
高速道路の追い越し車線をノロノロ走る車・・・。
運転には力量が付き物だから、ノロノロ運転は
全く構わない。
だが、自分が遅いと分かっているなら、追い越し車線の
走行は止めて欲しい。
まあ当の本人はまったく気にしていないんだろうが。
 
道路上の駐車・・・
どうしても所用のため駐車しなくてはならぬ場面は
多々あるから、細い路地のような場所であっても
駐車するのは構わない。
だが、自分が駐車する場所はしっかりと見極めて欲しい。
自分の駐車によって、他の車の通行の邪魔をしないか、
歩行者の邪魔をしないか・・・。
まあ当の本人はまったく気にしていないんだろうが。
 
 

チャンスを掴み取るヒト、見逃すヒト 

桜はすっかり散り、新緑が・・・。
冬の眠りから覚め、生命の息吹きを感じられる
これからの季節が好きだ。
 
昨日は、希望に満ち溢れる経営者と話が弾んだ。
日本の事業を縮小して、アジアの某国へ転出中だという。
まだまだ生活水準が低いそうだが、国全体が
未来を見据えて活気づいているという。
その活気にビジネスチャンスを感じ取ったのだという。
以前からずっと、チャンスを窺っていたらしい。
チャンスは漠然と待っていては、掴み取ることは難しい。
常に眼をランランとさせて、未来の夢に向かっているヒトは
目の前に突然現れるチャンスを決して逃さず、掴み取る。
ただ漠然と待っているヒトは、突然現れるチャンスを
チャンスと気付かず見過ごしてしまうのである。
 

≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150417投稿より≫  & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150416投稿より≫

年齢に関係無く身体に感じる【ガクン】。
お肌への【ガクン】
内臓系への【ガクン】
関節や腰、骨への【ガクン】
眼への【ガクン】
脳への【ガクン】・・・。
これらの【ガクン】を食べることで身体の中から消えていく、
それも極めて短期間のうちに。
それを実現する奇跡の食品が、ウィルサーチの本物の健康食品
「ウィルピュア」だ。
 
ある若手経営者が言った。
 
凄い商品だなあ。
僕の知り合い5人に1日10粒、5日間食べてもらったら、
全員が「凄い!」「こんな健食見たこと無い!」と
感動の嵐・・・。
仕舞いにはどこで買えるの?幾らなの?との矢継ぎ早の質問。
150粒で13400円、ちょっと高いけど・・と言うと、
なんで高いの?1日、コーヒー2杯分じゃない。
コーヒー2杯分で人生が変わるほどの感動を得られる!
本当に凄い商品だ。
 
この話を聞いて、また僕の中に自信が湧いてきた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150416投稿より≫
 
タクシーの利用は多い方だ。
タクシーに乗ると当たり前だが、いろいろな運転手さんに出会う。
昨日は2回ちょっとした長距離を利用した。
長距離になればなるほど、運転手さんとの空間が続くことになる。
 
昨日の1回目の運転手さん・・・
乗った途端から話を始める。
何処から来たか?、天候は?・・・など聞かれるのだが、
ちょっと声が小さい。
僕の耳が悪いのかも知れぬが、話しているところどころしか
聞き取れないのだ。
これは困る。
会話の語尾のイントネーションから、
「そうだよねえ。」
「ふーん・・・。」などなど、適当な相槌。
かなり疲れる空間だった。
これならいっそのこと何もしゃべらずにいて欲しいと心底思うのだった。
 
2回目の運転手さん・・・
雨模様になったので、困ったなあと思っていたら、
空車のタクシーが運良く近づいてきた。
勢い良く手を挙げタクシーを停める。
「いやー、助かったよ!!」と言うと
「・・・・・」返事が返って来ない。
「空港へ行ってくれる?」と言うと、
「空港ですね・・・。」とか細い声。
「JAL便の利用だからJALのターミナルへ」と言うと、
「JAL便はターミナル手前ですか・・?」とさらにか細い声。
自信なさそうな、しかも反応の悪い、声の小さな運転手さんだった。
 
タクシーの運転手さんに恵まれない一日だった。
 
 

ラウンジが図書館に早変わり & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150415投稿より≫

昨日は日帰り出張。
朝一番のフライト、空港のラウンジで仕事がはかどる。
初めて使ったラウンジだったが、広くて快適。
図書館みたい。
フライトを気にせず、余裕ある空間は快適空間だった。
今日は中国からの友人と会う予定。
久しぶりの再会、楽しみだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150415投稿より≫
 
(株)ウィル・サーチの「本物の健康食品」は、
ヘルシー・ビューティー・ダイエットの3分野から
6品目・・・。
2004年の創業以来、ラインアップは一切変わっていない。
この6品目のどの製品を食べて頂いても、その体感は
極めて早く得られる。
得られた体感を広く伝えてもらうことで、製品が世間に知れ渡っていく。
創業以来ずっと食べ続けてくれているヒトは多い。
そしてそのほとんどの方々が、死ぬまで食べ続けたいと言ってくださる。
 
いつまでもいつまでも食べ続けていただき、
食べた最初の感動や・・・
食べ続けてきた自分の変化の経過や・・・
食べ続けている結果としてある現状の姿・・・
をしっかりと伝え続けていただきたいものである。
 
 
 

始発便の有効利用 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150414投稿より≫

今日は日帰りの出張。
飛行機での往復だ。
最近の飛行機利用は、相手先との予定がちょっと遅めでも
出来るだけ早く、例えば始発便で行くようにしている。
目的の飛行場のターミナルの待合室や喫茶店で
朝一番の仕事が出来るから。
そんな訳で、今日も始発便に乗り込む予定だ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150414投稿より≫
 
いろいろな方々に毎日のように、直接お会いしたり、
説明会でお会いしたりしている。
そのほとんどの方が、「本物の健康食品」の事、
「本物のビジネス」の事をより知りたいと、僕に会おうとしてくださる。
そのほとんどが、間に立つ人がいてその場が成立する。
僕自身にそれほどの人脈が無いからだ。
 
お会いする機会が、実り多きものになるかどうかは、
間に立つ方の事前の準備や考え方に大きく左右される。
僕に会わせようとするヒトに事前にどれだけの情報を提供しているか、、、
事前に僕のどの顔をメインに紹介すればいいのかを考えているか、、、
僕にどのような話をして欲しいのかを事前に僕に伝える、、、
この3つだけでもしっかり実行しているかしていないかで、
結果は相当違う。
ヒトは百人いれば百通りの考えがあるもの。
ひと月に百人のヒトに声を掛けようと日々活動している販売店の
皆様が多くいるが、毎日毎日、それぞれのヒト達に
それぞれの声掛けをしていくのが大切という理由が
ここにある・・・。
 
 
 

今日は新横浜でのウィルサーチ説明会 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150413投稿より≫

今日は㈱ウィル・サーチの新横浜本社での説明会。
毎月第2火曜日開催をしてきている。
事前の情報によれば、今日は新しいお客様が結構来られるとのこと。
これからも、販売店の皆様のお声掛けによって、
一人でも多くの方々にお越しいただきたいものだ。
僕が原料そのものから創り上げた「本物の健康食品」のことを
一人でも多くの方々に知っていただき、
食べていただき、快適な生活を実感していただきたいものだ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150413投稿より≫
 
健康食品の謳い文句シリーズ・・・
 
この成分で、遺伝子修復が出来て、様々な病気が改善できる。。。
鮭の白子を核酸と言い、その成分を摂ると、不足している遺伝子が
補給出来て、遺伝子修復が出来るという事らしい。
 
もしも、遺伝子修復が身体の中で成されるとしたら、
その逆も有りというとんでもない事に繋がる可能性もあるということ。
その逆とは、遺伝子の破壊。
幾ら謳い文句と言えどもかなり乱暴な謳い文句。
藁をもすがる思いの人々を間違った方向に導いてはならない。
 
ヒトの身体はそんなヤワなものでは無いのである。
ヒトの身体は「食」で創られる。
ヒトは【食】べて生きている。
ヒトは成分という名の物質では決して生きてはいけない。
 
 

今週は都内でバタバタ・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150412投稿より≫

今週は日帰りの出張が一日だけある。
あとは連日、都内での打ち合わせ。
事業家、中国からの方、インターネット関連・・・。
今週もいつものようにあっという間に時が過ぎ去って行くのだろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150412投稿より≫
 
早朝の駅や空港の売店・・・
大抵、6時頃のオープンだ。
夜明けに入荷した新聞や雑誌の整理など、
お店の人は開店準備に忙しい。
周りには開店を待つヒト達がジリジリと
にじり寄り始める。
そのプレッシャーの中での準備はさぞ大変だろう。
開店と同時にドッとお客が押し寄せる。
そんな中で、ひと際明るく元気良く、
お客さんに対応する店員さんに時に出会うことがある。
こんな店員さんに出会うと、朝から元気を貰うことが出来る。
一日の始まりは、元気一杯でいたいものだ。
元気を貰った日は、仕事が上手くいくような気がする。
僕の密かな経験則だ。
 
 

出張先での時間活用 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150411投稿より≫

今日も地方で朝を迎えている。
出張先でたまには羽目を外して・・・なんて思うのだが、
真面目な性格が幸いしてか、至って健全な出張を
続けている。
出張先でも自宅にいる時と同じく、テレビは点けない。
たまに点けても消音状態か、ニュースの主要な所だけ音声。
点けないと、物事に集中できる、特に考え事には
最適である。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150411投稿より≫
 
昨日も飛行機での移動。
搭乗時、いつものように優先搭乗が始まる。
手伝いが必要な方はいなかったが、赤ちゃんを抱っこした
若いお母さんが、優先搭乗。
一人での搭乗は、大きな荷物と赤ちゃんで手がふさがり
見ただけで大変そう。
こんな時は優先搭乗がその役割を発揮する。
乗務員や地上係員がしっかりと席までフォローしてくれる。
 
雨が降りしきる羽田空港へ、満席の機体は10分遅れで着陸。
ターミナルへはバスでの移動。
バスも乗客を目一杯乗せる。
先程のお母さん・・・目一杯の乗客が乗るバスに
最後の方に乗ってきた。
席を譲る事も出来ぬほどの混み具合・・・。
この時の優先が全く無いのである。
 
かねてから、バスでの移動の時のこの事態に、大きな矛盾を
感じていたが、昨日の光景を見てますます矛盾を感じた次第。
優先搭乗後のバスでの移動時にも、優先的にバスからの
乗り降りをさせないと、意味が無いのだ。
機会があれば進言しようとは思うが、飛行機会社は
そんなことは百も承知で、効率化のために黙殺しているのかも知れない。
 
 

新たな出会いで歴史は塗り替えられる & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150409投稿より≫

出張先での多くの出会い。
この出会いがあるから、どんなに過密なスケジュールでも
耐えられる。
飛行機の繰り返しの乗継、
新幹線、在来線の乗継、
レンタカーの活用・・・
その先に信じられないような新たな出会い・・・。
そこから新たな歴史が始まっていく。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150409投稿より≫
 
各地で(株)ウィル・サーチの販売店の皆様が
日々、「本物の健康食品」を拡販してくれている。
 
三つ折りの商品パンフ、A4版の会社案内に全て
自分の住所と名前と電話番号が入ったゴム印を押して
ヒトに会えばそれを配っての声掛け・・・。
 
「ねえ、マイナス20歳の若返りに興味無い?」
「腰、ひざなど痛くて気になるところは無い?」
などとヒトに会う度に勇気を持っての声掛け・・・。
 
毎日3人以上、ひと月に100人の声掛けで
ひと月に2ケタ以上のビジネスパートナー、
ひと月に同じく2ケタ以上のお客様をゲットすると
決めて、ひたすら声を掛けまくる・・・。
 
インターネット上の販売ページ(アフィリエイト)の
情報拡散をすべく、自身のブログ、フェイスブックなどで
広く声掛けをする・・・。
 
ウィルサーチの名が広く知れ渡れば渡るほど、声掛けは
し易くなってくる。
ウィルサーチの「本物の健康食品」を食べて下さる方が
増えれば増えるほど、感謝の輪が広がっていく。
 

ある若き新米経営者 & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150408投稿より≫

昨日の午後は、今年に入り、独立した若手経営者と。
まだまだ一人前では無い僕がアドバイスできる立場では無いが、
彼からの質問に、一寸偉そうに答えている僕がいた。
聞けば多くのヒトに支えられて、また後押しされての独立。
彼の人柄が多くの人の助けを生み出しているのだろう。
経営者と言う立場では僕のライバルに当たるわけだが、
目指す方向は成功への方向・・・ということで、
同志でもあるよと、偉そうなアドバイスにしきりと頷く若き経営者だった。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150408投稿より≫
 
かなり時間が不規則な日が続いているが気持ちはワクワク。
気持ちが前に向いているのか、時間に追われている気持ちの問題か・・。
早朝の出発も30分ほど自然に早くなっている。
そのような動きの中で、多くの方々に出会う。
事前に僕の事を良く調べてくれている方の反応が嬉しい。
拙著を何度も読み返す・・・
ブログを過去のものから読む・・・
フェイスブックを全て覗く・・・
会社の資料やHPをじっくり調査・・・
こんな方々の僕と会った時の反応は非常に良い。
当事者の僕も嬉しくなってくる。
過去の事をしっかり把握してくださっているから、
話題は自然と未来の事へ向かっていく。
過去は絶対に変えられないから、過去の事を振り返るより
自分の力で変えられる未来の事を話す方が余程楽しいのである。
ワクワクする日々が続いている。
 

ラッキーが続きますように & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150407投稿より≫

昨日は終日打ち合わせ。
小雨模様の天候に、移動はマイカー。
横浜の奥から都内数か所の打ち合わせ場所を移動。
マイカーでの移動で、困るのが渋滞に出会う事、
駐車場が無い事。
昨日はラッキーが続き、そのいずれも無かった。
打ち合わせ後の動きも同じくラッキーが続くと良いのだが。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150407投稿より≫
 
彼是、運転歴は40年近くになる。
少しでも安く免許を取得しようと、大学の自動車部に入部。
グランドでの練習を重ね、警視庁で直接のチャレンジ。
お蔭で、自動車学校で取得するより10分の1以上安く・・・。
それから早、40年かあ。
月日の経つのは早いものだ。
今でも毎日のように、車を運転している。
安全運転を心掛けてはいるが、フト気が緩む時がある。
先日も、安全を確認して右折しようとしたその瞬間に、
急な自転車の出現で、一気の急ブレーキ!
それこそ、間一髪・・・と心臓がバクバク。
だけど、相手の自転車は、何事も無かったようにスーッと
過ぎ去って行ったりする。
当たり前だが、歩行者・自転車・車、、、それこそ
360度に注意が必要だ。
今は午前3時前。
今日も、あと1時間半後にはハンドルを握る。
安全運転を心掛けたいものだ。

打ち合わせで未来を創り出して行く & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック 150406投稿より≫

昨日は朝から打ち合わせの連続。
自分一人で考えているより、いろいろなヒトの考えを
聞いて、総合的に考えるのが一番だと、当たり前のことを
当たり前のように感じるのだった。
 
今日は、外での打ち合わせの連続だ。
未来へ向かう打ち合わせとなりそうな予感がしている。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150406投稿より≫
 
最近の建築技術は向上しているのだろう。
ビルの解体、ビルの建築の速度が早い。
早いから見慣れた光景が、フト気付くと全く違う光景・・
になっていた、なんてことがある。
これが我が事になると、かなりのショック。
都心の真ん中といっても、ちょっとした坂の上に建っているマンション。
東京のシンボルである東京タワーや六本木の高層ビルが
ちょっとした目の癒しになっていた。
昨夜遅く、出張から帰り、夜も更けた都心の光景をと
いつもの光景を見た。
いつも見える東京タワーが無い。
あれ?・・・、雨上がりで霧が凄いのかな?
と思ったのは一瞬の事。
東京タワーを丁度遮るように、新しいビルの骨組みが
巨大クレーンで建築中。
モノの見事な遮りで、東京タワーは僕の日常から消えていった。

書籍から得られる情報は幅広い & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150405投稿より≫

書店巡り・・というか、ほぼ決まっている書店に
行って新刊書や話題の書籍を購入。
最近の読書タイムは、飛行機の中。
先週は連日の搭乗があったりしたし・・・。
インターネット社会ではあるが、インターネットから得られる情報より、
紙媒体から得られる情報は深くて広いような気がする。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150405投稿より≫
 
昨日は朝始発のJAL便での移動。
車で土曜日早朝の六本木を通り抜けて羽田空港へ。
六本木の交差点から通り沿いには、
様々な人間模様が垣間見れる。
 
喧嘩をしているヒト達、
恋人と戯れるヒト達、
酔い過ぎて介抱を受けるヒト達、
千鳥足で歩くヒト達、
タクシーをうつろな目で探すヒト達、
ワインの瓶をラッパ飲みしながら歩くヒト達・・・・
おそらく、家に帰って、少なくともその日の午後過ぎまでは
ダウン状態なのだろう。
 
僕も、昨日の早朝まではいかないが、しっかり日付が変わった時間までは
都内の繁華街にいた。
家に帰り、ほんの数時間で、身支度をし、出張の準備をし、
多少の家事をし、羽田空港を目指している。
 
時間は有限、時間はあっという間に過ぎ去って行く。
だからこそ、悔い無く、無駄無く、時間を有効に使って
精一杯生き抜きたい。
六本木の色々なヒト達の様子を見て、これからも
時間を大切に使っていこうと、あらためて決めたのだった。
 

レンタカーの窓口にて・・・ & ≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150404投稿より≫

連日のように、飛行機で移動し、その降り立つ空港から
レンタカー利用・・・という日程が続いている。
飛行機の利用も、レンタカーの利用も慣れたものだ。
昨日もレンタカー利用。
初めての空港だったのが、仕組みはいつもと同じだから、
空港ロビー内の受付に申し出る。
同じ飛行機から同じレンタカーを借りる予定の
どの人達より早く・・・。
レンタカーオフィスまでの送迎マイクロバスで、
他の3組のヒト達とオフィスまで送迎される。
僕は一番先に、受付をし、マイクロバスに乗った。
オフィスに着いて、マイクロバスのドアが開いた瞬間、
僕の前にスーッと人影が・・・。
そのまま僕の前を猛ダッシュしてオフィスへ。
いわゆる順番抜かし。
そこまでは許すとしよう。
でもレンタカー会社の対応がいけない。
受け付け順をしっかり確認しなくては・・・。
僕は思い切って、「ねえ、順番ってあるんじゃないの?」と。
すると、猛ダッシュした本人が、己の行いに気付いたらしく、
「スミマセン!!ちょっと時間が無かったもので・・。」
そんな理由があるのなら、と僕は順番を譲った。
もし初めから、彼がその事を言ってくれていたら、
あの不快な気持ちの到来は無かったろう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
≪若山祥夫ウイルサーチ フェイスブック150404投稿より≫
 
もしも僕がタクシーの運転手だったら・・・
 
空港や駅やホテル等で待機して、長距離客を待つ事はしない。
タクシーを待つヒトがいる街を流して、空車率を下げるように工夫する。
仕事を待つのでは無く、自ら創り出していきたいから。
 
車内の温度や空気(匂い)に無頓着でいることはしない。
乗客に少しでも快適な空間を提供したいから、常に快適な空間作りに努める。
どんな商売でも、お客様が快適になって欲しいと思うから。
 
乗車終了時の洗車をガソリンスタンドでやってもらうことはしない。
乗車終了時の洗車は自らが行う。
稼ぐための仕事をしているのだから、その一環で無駄な支出はしたくないから。
 
乗客が例え短距離の乗車であってもブスッとして運転をすることはしない。
距離の長短に関わらず、乗っていただいた感謝の念を笑顔で示したい。
お客様によって仕事が成り立っていることを忘れてはいけないから。